2009年11月15日

「1Q84」韓国でも大ヒット-村上春樹

11月15日23時32分配信 読売新聞

 【ソウル=竹腰雅彦】村上春樹氏の長編小説「1Q84」が韓国でも大ヒットしている。

 近年の日本小説人気もあって、韓国語版の発行部数は、8月末の発売から2か月半で56万部を突破。1巻は9週連続で主要書店とインターネットの書籍売り上げ1位を記録している。

 ソウルの3大書店。ベストセラーコーナーには、いずれも総合、小説部門の1位に「1Q84」の1巻が置かれている。出版社によると、日本で発売後の6月に約8000万円で版権を取得。村上氏の作品は韓国で既に110作品以上が翻訳されており、最も知名度の高い日本人作家だが、「1Q84」のネット購入者は38%が10〜20代で、「新しい読者層が開拓されている」(出版社)という。続きを読む
posted by 宝島S at 23:35| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ショッピング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俊輔投入も日本0−0南アでドロー

11月15日1時14分配信 産経新聞

 【ポートエリザベス(南アフリカ)=北川信行】サッカー日本代表は14日午後3時半(日本時間同10時半)から、ポートエリザベス競技場で南アフリカと対戦、0−0で引き分けた。岡田ジャパンの通算成績は20勝10分け5敗となった。

 来年のW杯開催国との初対決。日本は前半からボールを支配し、FW岡崎(清水)のシュートなど決定機も作ったが得点を奪えず、逆に攻め込まれる場面もあった。続きを読む
posted by 宝島S at 21:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生がいない「国連大学」はどんな機関?

11月15日7時56分配信 産経新聞

 「国連大学は、何かを学ぶ機関なのでしょうか。とはいっても、大学生がいるようではありません。国連大学では誰が学び、どうすれば入学できるのでしょうか?」

 =東京都江戸川区の女性会社員(33)

                   ◇

 □国際的課題を研究するシンクタンク

 ■“治外法権”の自治組織

 東京都渋谷区神宮前の青山通り沿いに威風堂々とそびえ立つ「国連大学本部ビル」。近くに勤務する女性会社員は、国連大学の「大きくて立派な建物」が目につき、以前から気になっていたという。

 セキュリティーチェックを受けて建物内に入ると、ブースで区切られたオフィスなどが目に飛び込む。人の出入りはあるが、キャンパスのような雰囲気は感じられない。続きを読む
posted by 宝島S at 13:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルーレイに未来はあるのか 新作ソフトはDVDの1割

11月15日10時15分配信 J-CASTニュース

 DVDの次世代規格、ブルーレイディスク(BD)が発売されてから3年がたった。家電メーカー各社はテレビにスポット広告を流し、懸命にPRしている。大型量販店の店頭からもDVD は姿を消し、BDレコーダーで埋め尽くされている。にもかかわらず、一般家庭への普及は遅れ、新作ソフトのタイトルもDVDの1割に満たない。ビデオからDVDに移行したような劇的な変化は起きないだろう、と予想する業界関係者もいる。

 BDはDVDの5倍以上の記憶容量を持ち、DVDよりも鮮明な映像を長時間記録できるのが特徴だ。地上デジタル放送開始をきっかけに、テレビが液晶やプラズマの大画面に移行する中、録画した番組や市販の映像ソフトを見るための必需品になる、と家電業界は期待していた。

■新作ソフトはDVD1万タイトルに対しBDは896

続きを読む
posted by 宝島S at 13:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普天間移設で首相、現行の「名護」こだわらず

11月15日3時7分配信 読売新聞

 【シンガポール=川嶋三恵子】鳩山首相は14日夜(日本時間同)、シンガポール市内で同行記者団と懇談し、沖縄の米軍普天間飛行場の移設問題に関する日米の外務・防衛担当閣僚級の作業部会について、「オバマ米大統領の気持ちとすれば、日米合意が前提と思いたいだろうが、もし日米合意が前提ということなら、作業部会を作る必要がない」と述べ、2006年5月に日米が合意した沖縄県名護市への現行の移設計画にこだわらず、白紙から移設先を検討する場とする考えを表明した。

 13日の日米首脳会談後の共同記者会見で、大統領は作業部会について「合意を履行することに焦点を当てる」と明言しており、首相と大統領の認識の違いが鮮明になった。

 首相は移設先の結論を出す時期について、「年末までにあげなければならないと(米側に)約束したわけではない」と強調。さらに、「(来年1月の)名護市長選の結果に従って方向性を見定めていくこともある」とも語り、市長選後まで結論を先送りする可能性を示唆した。
posted by 宝島S at 12:35| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。