2009年11月05日

巨人、阿部が劇的なサヨナラ弾で7年ぶり日本一に王手!

11月5日20時58分配信 サンケイスポーツ

 プロ野球の日本シリーズ第5戦(7回戦制、4戦先勝)が5日、東京ドームで行なわれ、巨人が3−2で日本ハムを破り対戦成績を3勝2敗とし、7年ぶりの日本一へ王手をかけた。巨人は1点差の九回に亀井の本塁打で追いつくと、阿部がライトスタンドへサヨナラ本塁打を放った。

 巨人は日本ハム先発の藤井に7回まで無失点に抑え込まれた。しかし、0−1の八回裏一死三塁から、代打大道がライト前へ適時打を放ち同点に追い付いた。

 しかし、九回表に巨人2番手の山口が日本ハムの4番高橋に勝ち越しとなるソロ本塁打を浴び、大ピンチとなった。
posted by 宝島S at 21:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮系商社社長に有罪判決…不正輸出事件

11月5日11時4分配信 読売新聞

 ミサイル技術に転用可能な「円筒研削盤」をミャンマーに不正輸出したなどとして、外為法違反(無許可輸出など)に問われた北朝鮮系商社「東興貿易」(東京都新宿区)社長で朝鮮籍、李慶コウ被告(41)と法人としての同社に対する判決が5日、横浜地裁であった。(コウは金ヘンに高)

 甲良充一郎裁判官は「核兵器開発に利用され、我が国や世界の平和を脅かす危険性もあった」と述べ、李被告に懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年)、同社に罰金600万円(同・罰金700万円)の有罪判決を言い渡した。

 判決によると、李被告は昨年8〜11月、大量破壊兵器などに転用できることから輸出禁止になっている小型円筒研削盤3台を、経済産業省の許可を得ずに愛知県からミャンマーに輸出した。今年1月には、輸出代理店「大協産業」(東京都渋谷区)社長武藤裕彦被告(57)(外為法違反で起訴)らと共謀し、同様に輸出禁止になっている磁気測定器を無許可で輸出しようとした。
posted by 宝島S at 21:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡田ジャパン、南ア・香港戦へ21人発表

11月5日16時28分配信 サンケイスポーツ

 日本サッカー協会は14日の南アフリカとの国際親善試合、18日のアジア杯予選の香港戦に臨む日本代表21人を発表した。

 前回招集された中からは18ゴールでJ1(30節終了時点)得点ランク首位のFW前田遼一(磐田)やDF長友佑都(FC東京)などが外れた。海外組は前回同様、FW森本貴幸(カターニャ)、MF中村俊輔(エスパニョール)ら6人が招集された。

 代表21人は以下の通り。続きを読む
posted by 宝島S at 21:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松井秀がMVP、ヤンキース世界一

11月5日13時51分配信 サンケイスポーツ

 米大リーグ、ワールドシリーズ第6戦が4日(日本時間5日)行われ、ヤンキースが7−3でフィリーズを下し、対戦成績4勝2敗で9年ぶり27度目の世界一に輝いた。「5番・指名打者」で先発出場したヤンキースの松井秀喜外野手(35)は、先制2ランを含む3安打6打点の活躍で、チームを勝利に導いた。さらに松井秀は今シリーズのMVPを獲得した。

 松井秀は注目の第1打席、二回無死一塁からカウント2−3からの7球目を叩くと、打球は高々と舞い上がり右翼席へ飛び込む特大の先制2ラン。松井秀はこれで今シリーズ3本目のホームランとなった。

 三回の第2打席は、1−2と1点差に迫られた場面で二死満塁の好機。松井秀はここでカウント2−0と追い込まれながら中前に弾き返す2点適時打を放ち、この試合早くも4打点。続きを読む
posted by 宝島S at 21:01| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。