2009年03月05日

オバマ大統領>兵器調達見直し方針-聖域化されていた国防費抑制

3月5日10時37分配信 毎日新聞


 【ワシントン及川正也】オバマ米大統領は4日、国防費改革について「無駄遣いと非効率を終わらせる」と述べ、主要装備の調達を見直す方針を表明した。上院軍事委員会のレビン委員長が提出した「兵器システム調達改革法案」を支持する意向も示し、早期成立に向けゲーツ国防長官に協力を指示したことを明らかにした。巨額の財政赤字削減に向け、ブッシュ前政権下では聖域化されていた国防費抑制への取り組みを加速させる。

 オバマ大統領は4日発表した声明で「米国民を守るためにあらゆることを実施するが、巨額の税金を無駄遣いするという誤った選択は拒否する」と述べ、兵器の調達システムに大なたをふるう考えを重ねて示した。

続きを読む
posted by 宝島S at 08:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去にない高精度偽1万円札

3月5日15時1分配信 毎日新聞

 【マニラ矢野純一】フィリピン・マニラの両替店に昨年12月以降、大規模な印刷施設でしか作製できないとみられる精巧な偽造1万円札が持ち込まれていることが毎日新聞の取材で明らかになった。日本の偽札鑑定の専門家は「過去にない高精度の偽札」と指摘。日本の警察当局は情報収集を行うとともに、国内に持ち込まれる可能性もあるとして警戒を強めている。

 昨年末以降、マニラ首都圏の複数の両替店で見つかったのは、偽造を防ぐため最新技術を駆使して04年から発行されている、「E1万円券」の偽札。一見して本物と見分けがつかないが、偽札には表の右側の太いカーブの部分にある細い線が印刷されていない。

続きを読む
posted by 宝島S at 08:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不思議な気象現象、“雷雪”の謎に迫る

3月5日(木)11時10分配信 ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイ


 3月1日〜2日、アメリカ東部地方は広範囲にわたって晩冬の雪嵐に襲われた。猛烈な吹雪となり、激しい雷鳴がとどろいた。住民は寒さと音で大変だっただろう。おや?そういえば雷が鳴るのは夏ではなかったか?

 雪雲に伴う雷は珍しい気象現象であまり知られていないが、「雷雪(thundersnow)」と呼ばれている。これがジョージア州やサウスカロライナ州の各地上空でとどろいたのだ。なお、日本でも季節は多少異なるが同様の現象が見られ、「雪おろし」や「雪おこし」などと呼ばれている。

続きを読む
posted by 宝島S at 08:32| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「尖閣諸島に安保条約適用」米国務省が公式見解

3月5日14時52分配信 読売新聞


 【ワシントン=小川聡】日本が攻撃された場合に米国が日本を防衛する義務などを定めた日米安全保障条約が尖閣諸島に適用されるかどうかの米側解釈の問題を巡り、米国務省は4日、適用されるとの公式見解を示した。

 読売新聞社の質問に答えたもので、当局者は「尖閣諸島は沖縄返還以来、日本政府の施政下にある。日米安保条約は日本の施政下にある領域に適用される」と述べた。このオバマ政権としての見解は日本政府にも伝えられた。

続きを読む
posted by 宝島S at 08:25| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

角膜移植必要か=レーシック原因で−東京

3月5日12時17分配信 時事通信


 東京都中央区の「銀座眼科」(同区銀座・溝口朝雄院長)で角膜にレーザーを照射して視力を矯正する「レーシック手術」を受けた67人が、感染性角膜炎などを発症した問題で、うち2人は角膜の移植手術が必要になる可能性があることが5日までに分かった。

 また同区保健所によると、67人のほかに新たに5人が「銀座眼科でレーシック手術を受けたが、目に違和感がある」などと訴えているという。 

posted by 宝島S at 08:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

献金「毎年2500万円」取り決め…小沢氏側と西松

3月5日3時8分配信 読売新聞


 小沢一郎・民主党代表の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で、小沢代表側が1990年代中盤、準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)との間で、毎年2500万円前後の献金を受ける約束をしていたことが、西松建設関係者などの話で分かった。

 同社は献金の際、OBを代表とした政治団体を使うほか、同社の下請け企業を迂回(うかい)して献金する手法を取ることにし、二つのルートの献金の合計額が、年平均2500万円程度になるように調整していた。西松側から小沢代表側への献金総額は約3億円に上ることも判明。東京地検特捜部も解明を進めている。〈関連記事2・3・4・38・39面〉


続きを読む
posted by 宝島S at 07:42| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。