2009年02月18日

ロシア、3島返還論と受け取る可能性も=カギは平和条約の「うまみ」

2009/02/18-17:45 時事通信


 【ユジノサハリンスク18日時事】ロシア・サハリンで18日に行われた日ロ首脳会談後、麻生太郎首相は北方領土問題に関し「向こうが2島、こっちが4島では全く進展しない」と語ったが、ロシア側はこれを、首相自身が以前に示した4島の面積等分を基にした3島返還で政治決着を図るサインと受け取る可能性もある。ただ、ロシア側が関心を持つかは、北方領土問題を解決することで「利益が見込める」と考えるかどうかに懸かる。

 「双方に受け入れ可能な解決策が必要」とするロシア側からすれば、3島返還論は2島返還以上の妥協を拒む従来の立場からの後退を意味する。第二次大戦の結果として4島領有を正当化してきたこともあり、素直にはのめない案だ。麻生政権の今後の安定度にも不安が残る。


続きを読む
posted by 宝島S at 23:58| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WBC候補に広がるイチロー信者

2月18日16時59分配信 夕刊フジ

 WBC日本代表の宮崎は、まさにイチロー一色。侍ジャパンの中で、絶大な影響力を誇るマリナーズ・イチロー外野手(35)は、いよいよ日本代表の練習時間短縮にまで乗り出す構えだ。

 「これじゃ、IWBC(Ichiro’S ワールド・ベースボール・クラシック=イチローのWBC)と呼んだ方がいい」。そんな軽口が報道陣の間で飛び交う。

 合宿2日目の17日、サンマリンスタジアム宮崎には初日を上回る観客4万3000人が押し寄せ、イチローの定位置に近い右翼席はギッシリ、反対の左翼席はガラ〜ン。観客の視線は、イチロー1人へ集中した。WBC東京ラウンド(3月5日開幕)を主催する読売グループの関係者は「東京ラウンドの前売りも、右翼席から埋まっています」と明かしている。

続きを読む
posted by 宝島S at 20:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

給付金法案、再議決なら欠席=小泉元首相

2月18日18時32分配信 時事通信


 【モスクワ18日時事】ロシアを訪問中の自民党の小泉純一郎元首相は18日昼(日本時間同午後)、モスクワ市内で記者会見し、定額給付金の財源を確保する2008年度第2次補正予算関連法案が衆院で再議決される場合の対応について「2兆円の税金を(給付金に)使うのなら、ほかにも方法があるのではないか。与党が3分の2を使う本会議は欠席する」と表明した。

 小泉氏はまた「衆院と参院の意見の違いについて話し合ってもいいのではないか」と述べ、与野党協議の必要性を強調した。党内に影響力を持つ小泉氏が党の方針に反して造反を明言したことは、中川昭一前財務相の辞任をめぐる問題で求心力が低下した麻生政権にさらなる打撃を与えそうだ。

続きを読む
posted by 宝島S at 19:05| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽電池1枚で車の充電可能に-NTT

2月18日0時25分配信 産経新聞


 NTTは17日、太陽電池から従来の3倍という高い効率で電力を生み出す技術開発に世界で初めて成功したことを明らかにした。これにより、太陽電池パネル1枚で車のバッテリーなどの充電が可能になるという。NTTでは屋外用の無線通信機器などに搭載して地方自治体に売り込むほか、来年度からはベトナムなどアジアで実証実験も始めて技術輸出にも乗り出す方針だ。

通常の太陽電池はパネル1枚で約0・4ボルトの電圧で発電し、この電圧を「昇圧回路」と呼ばれる回路で高めて電子機器を稼働させる。これまでは5ボルト程度に引き上げるのが限界で、高電圧が必要な機器の利用には多くのパネルを備えた発電設備が必要だった。

続きを読む
posted by 宝島S at 12:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(環境と健康) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジカメ顔認識 仕組みに迫る

2月18日(水) 12時 0分配信 R25

最近のデジカメ界で、いちばんのトレンドとなっている機能といえばズバリ「顔認識」。読んで字のごとく、撮影画面内にある「顔」をカメラが自動認識し、そこにピントを合わせてくれる便利機能である。昨年ごろからは、ただ「顔」を認識するだけにとどまらず、「笑顔」になった瞬間にシャッターを切ってくれたり、特定の「顔」を優先しピントを合わせてくれる個人認識機能など、ものすごい進化を遂げている。ところで、この「顔認識」。あんなに小さなデジカメが、いかにして画面の中から人間の「顔」を認識しているのだろうか?

「顔認識の技術には、いくつかの種類があり、デジカメのメーカーごとに採用する技術が違います。基本的には、あらかじめ集めておいた『顔のデータベース(顔辞書)』と、画面内にある“顔”と思われる物体を照合し、まゆ、目、鼻、口といったパーツの位置関係を確かめ、“顔”かどうかを判断している、と考えてよいでしょう」(デジカメ専門誌『デジキャパ!』編集部・河野氏)

続きを読む
posted by 宝島S at 12:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党の小沢一郎代表とヒラリー・クリントン米国務長官との会見詳報

2月18日0時39分配信 産経新聞

 民主党の小沢一郎代表は17日夜、ヒラリー・クリントン米国務長官との会談で、日米関係について、「何よりも大事であることを最初から唱えてきた一人だ」と述べたことを明らかにした。都内のホテルで記者団の質問に答えた。記者会見の詳報は以下の通り。

【次期衆院選での勝利】

 「えー、今、長官との会談をこのメンバー(小沢氏、鳩山由紀夫幹事長、菅直人代表代行、輿石東参院議員会長、山岡賢次国対委員長)で終えたところでございます。詳しくは、中に入ってメモしていた者から、聞いていただきたいと思います。私の方からは、最初に日本を訪問していただいたことに対するお礼と、私の日程に配慮していただいて、このような時間にもかかわらず懇談できましたことを感謝する、ということをお話いたしました。とにかく、次の衆院選に勝利しませんと、もう長官とお会いすることはありませんので、その点は政治家としてご理解をいただきます、ということを申し上げました」

続きを読む
posted by 宝島S at 00:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。