2008年12月30日

泰葉、ハッスルデビュー勝利に号泣

12月30日20時59分配信 オリコン

 歌手・泰葉が30日(火)、東京・有明コロシアムで行われたファイティング・オペラ『ハッスル・マニア2008』で、アン・ジョー司令長官相手にプロレスデビュー。7分10秒、回転“海老名”固めでデビュー初戦を勝利で飾った。マイクパフォーマンスで泰葉は「いっ平、お姉ちゃんは勝った! お前も負けるんじゃないぞ!」と絶叫しつつ、リング上で念願の「お陽様よほほえんで」を熱唱した。

 アンと共に登場した小路二等兵がブタを連れてくるなど、過去の暴言に引っ掛けて嫌がらせを受けた泰葉は激怒。試合でも実力派レスラーとしても有名なアンに翻弄されっぱなしだったが、途中からセコンドとしてついていた所属事務所の清水マネージャーがリング上に乱入。鋭い蹴りやパイプ椅子で反撃し、最後は、泰葉が1回転して両足を押さえる“エビ固め”ならぬ“海老名固め”で3カウントを奪った。


続きを読む
posted by 宝島S at 16:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネズミとの「戦争」に敗れ移転決意、村ごと イラン

12月30日15時12分配信 CNN.co.jp


テヘラン(CNN) イランのファルス通信は30日、同国北東部の村マクサンで住民が「ネズミ」との生存競争に敗れ、村ごとの移転を決めたと報じた。

ホラサン州での出来事で、ネズミが勢力を増やし始めたのは2年前ごろから。村民約800人も対抗の措置を講じたが、無駄だったという。同村でのネズミの生息数は伝えられていない。

新たな村の建設地は元の場所から約30キロ離れたところ。政府と地主が土地を提供したという。
posted by 宝島S at 16:45| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

景気悪化で中小企業融資が予想の2倍 大阪市の緊急制度

12月30日19時33分配信 産経新聞


 急速な景気悪化にあえぐ中小企業を支援しようと今年10月に始まった大阪市の「緊急対策資金融資」で、市信用保証協会が保証する融資額が約1000億円を突破したことが30日、分かった。平成20年度末の予想額は500億円だったが、すでに2倍に到達。さらに、20、21年度末の合計保証枠である1500億円までも迫る勢いで、市の担当者は「このような経済情勢では、枠が満杯だからといって融資をやめられない。措置が必要になる」としており、年明けにも融資枠増加の検討に入る。

 「店の客単価が下がる一方で、魚の仕入れ値が上がっており、年末は乗り越えられても先行きは厳しい」

 30日午前、市が大阪産業創造館(同市中央区)に設けた相談窓口に訪れたすし店経営の男性(51)はこう話した。

続きを読む
posted by 宝島S at 16:38| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加藤・山崎氏が新党視野、来月にも新たに勉強会

12月30日3時4分配信 読売新聞


 自民党で年明けから、離党や新党結成などの分裂含みの動きが強まる情勢となった。加藤紘一・元幹事長と山崎拓・前副総裁らは次期衆院選前の新党結成を視野に、1月にも新たな勉強会を発足させる。

 また、道路特定財源の一般財源化を巡る政府の対応に反発する中堅・若手議員の一部が関連法案の採決で造反を模索している。民主党側も、自民党内の造反・離党を誘う動きを強める構えで、1月5日召集の通常国会は政界再編につながる緊迫した展開が予想される。

 加藤、山崎両氏らの勉強会は「日本の国のかたち、あり方を考える」を主題に、自民党議員と、学者や文化人も交えて5〜10人規模となる見通し。構造改革路線を批判する立場から、「行き過ぎた市場原理主義の是正」を旗印とした勢力の結集を目指すとしている。民主党議員の一部を連携相手に想定しているとされるほか、公明党との協力を探る可能性があると見られている。

続きを読む
posted by 宝島S at 16:30| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「無理やり連れていった」=勝木容疑者、供述変える−千葉女児殺害

12月30日18時15分配信 時事通信


 千葉東金市の保育園児成田幸満ちゃん(5)殺害事件で、無職勝木諒容疑者(21)=殺人容疑で再逮捕=が県警東金署捜査本部の調べに対し、幸満ちゃんを抱きかかえて、自宅に無理やり連れていったと供述したことが30日、分かった。理由について「(幸満ちゃんと)話したかった」と供述しているという。

 勝木容疑者はこれまで、「路上で出会ったが、付いてきたので帰るように言ったらいなくなった。自宅に戻ると(幸満ちゃんが)玄関にいた」と説明していた。供述が一転したことから、捜査本部は幸満ちゃんを部屋に連れ込んでから殺害に至るまでの経緯について、さらに詳しく調べる。 

posted by 宝島S at 16:26| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犯罪者に「社会奉仕」導入へ=懲役刑の一部執行猶予も−法務省

12月30日13時3分配信 時事通信



 犯罪者の保護観察中に「社会奉仕」を義務付ける新制度が導入される見通しになった。また、懲役・禁固刑と執行猶予の中間的な処遇として、一定期間懲役刑などに服した後、残りの刑期は執行猶予とする「一部執行猶予制度」も導入する方向だ。法制審議会(法相の諮問機関)の担当部会で方向性がまとまったもので、法務省幹部が30日、明らかにした。

 年明けに同省が試案を作り、それを基に同部会で具体的な議論を重ねた上で、来年中に答申をまとめ、2010年の通常国会に更生保護法や刑法の改正案を提出することを目指している。


続きを読む
posted by 宝島S at 16:23| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。