2008年12月19日

太陽光発電 世界初の船舶を公開-神戸

12月19日12時27分配信 毎日新聞

 太陽光パネルを搭載し、必要な電力の一部を太陽光発電でまかなう世界初の船舶「アウリガ・リーダー」(6万213トン)が完成し、神戸市兵庫区の三菱重工業神戸造船所で19日公開された。実証実験のため、中東へ向けて同日出航した。一般の船舶に比べ、二酸化炭素(CO2)の排出量は、エンジンの起動にかかる分を除くと、1〜2%抑えることができるという。

 日本郵船(東京都千代田区)と新日本石油(港区)が共同開発した自動車運搬船で全長約200メートル。甲板に328枚の太陽光パネルを設置し、同船で使う電力の最大6.9%に当たる40キロワットを発電できる。エンジンや照明用などに使う。

 約2年間、実験航海し、風圧や塩害への耐久性や太陽光発電による運航の確実性を検証する。
posted by 宝島S at 17:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(環境と健康) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鄭和以来500年ぶりの海軍遠征―中国

12月19日10時39分配信 Record China

2008年12月18日、瀟湘晨報はソマリアへの軍艦派遣に関するコラムニスト・暁宇氏のコラムを掲載した。同氏は、安保理の常任理事国である中国にとって派遣は国際的義務だと主張した。

ソマリアの海賊被害は日に日に深刻化しており、中国の船舶も甚大な被害を被っている。11月14日、中国漁船・天裕8号はケニア海域で海賊に襲われ、中国人船員17人を含む人質25人はいまだ解放されていない。今月17日にも貨物船・振華4が襲撃されたが、船員らは手製の火炎瓶などで武装、機関銃などの兵器を持ち船内に乗り込んできた海賊に抵抗した。戦闘開始から4時間、マレーシア軍をはじめとする各国の援軍が駆けつけた。翌18日にもソマリア海賊は3隻を襲撃、うち1隻は香港を出港した船だった。

続きを読む
posted by 宝島S at 17:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連総会>死刑停止決議案を採択

12月19日11時15分配信 毎日新聞


 【ニューヨーク支局】国連総会は18日、死刑執行の一時停止などを求める決議案を賛成多数で採択した。決議採択は2年連続。日本は昨年に続き反対した。賛成国は昨年より2カ国増えた。

 決議案は欧州連合(EU)やオーストラリア、イスラエルなどが提案した。賛成は106カ国。反対は日本や米国、中国など46カ国(昨年54カ国)、棄権は34カ国(同29カ国)だった。

posted by 宝島S at 17:11| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。