2008年12月31日

事故時の船内の模様を公表=03年のシャトル空中分解−NASA

12月31日14時31分配信 時事通信


 【ワシントン31日時事】2003年2月1日、米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「コロンビア」が宇宙での任務からの帰還中、テキサス州上空で空中分解を起こし、乗り組んでいた宇宙飛行士7人が死亡した事故で、NASAの調査チームは30日、新たな調査報告書を公表し、事故時の船内の模様を明らかにした。機体が制御不能に陥った後の40秒間、乗組員は生存していたものの、その後の急激な船内の気圧低下で意識を失い、死亡したことが分かった。

 「コロンビア乗組員生存調査」と題された報告書は400ページに上る。コロンビアが大気圏に突入し、機体が制御不能に陥った際、乗組員の1人はヘルメットを着用していなかったほか、3人は防護手袋をはめていなかった。 

posted by 宝島S at 16:53| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

派遣切りから2か月、所持金底つき炊き出しの列に

12月30日3時4分配信 読売新聞


 「派遣切り」や「雇い止め」の動きが広がる中、職と住まいを失った派遣労働者や期間従業員が、厳しい年末年始を過ごそうとしている。

 都会の公園で行われている炊き出しを訪ねると、瀬戸際まで追いつめられた彼らの姿があった。

 29日午後7時。東京・新宿の新宿中央公園の広場では、炊き出しに300人以上が列を作っていた。

 その一人、茨城県内の大手電気機器メーカーの工場で派遣労働者として働いていた河野泰享(やすたか)さん(33)は、肉と野菜の煮込みをご飯にかけた丼を受け取ると、立ったまま食べ始めた。

続きを読む
posted by 宝島S at 16:43| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新銀行東京>提携交渉すべて破談 再建戦略見直しへ

12月31日2時30分配信 毎日新聞


 東京都から400億円の追加出資を受けて再建中の新銀行東京が10社を超える国内外の金融機関との間で続けてきた資本・業務提携交渉がいずれも破談に終わり、経営再建戦略の抜本的な練り直しを迫られていることが30日、明らかになった。関係筋によると、多くの金融機関との交渉が難航する中、地方自治体向け融資で世界最大手の仏ベルギー系「デクシア・クレディ・ローカル銀行」との提携協議に期待をつないだが、世界的な金融危機の余波でデクシアも経営難に陥ったことから、交渉は進まなかった。

 このため、新銀行東京は「事業再建のカギとなる提携先がまったく見つからない」(金融当局筋)状況。同行は12年3月期までを期限とするリストラ計画を進めているが、新たなビジネスモデルの構築は難しく、独力での再建は困難な見通しだ。

続きを読む
posted by 宝島S at 16:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ともさかりえ、離婚…ブログで心境を吐露

12月31日13時10分配信 スポーツ報知



 女優のともさかりえ(29)が舞台演出家で俳優の河原雅彦(39)と離婚したことが31日、分かった。自身のブログで明らかにした。

 ともさかは「こうやって言葉にすると、ものすごいドラマチックに響きますが。夫と離婚をしました。話して話して話して、もう息切れするくらいに伝え合った結果なので、今は不安も迷いもなくただひたすら明るい気持ちです」と心境を吐露。



続きを読む
posted by 宝島S at 16:19| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“演歌の殿堂”新宿コマ劇場、惜しまれつつ本日閉館

12月31日14時26分配信 オリコン


 著名な演歌歌手が多数公演を行った、東京・新宿歌舞伎町のシンボル「新宿コマ劇場」が31日(金)夜、52年の歴史に幕を閉じる。主催公演はすでに終了しており、同日夜の『年忘れにっぽんの歌』(テレビ東京)の生放送をもって閉館となる。この日は「52年間のご愛顧ありがとうございました」と書かれた壁面の看板を撮影するファンの姿も多数あった。

 「新宿コマ劇場」が開館したのは1956年(昭和31年)12月。コマのように回りながら約8mをせり上がる三重の円形舞台が特徴的で、この舞台形状は同館名称の由来でもある。ミュージカルやコンサートなど華やかな演目を行う同劇場の存在は、周辺の映画館やボウリング場などと共に、歌舞伎町を“娯楽の街”に成長させた。カメラ片手に同劇場を訪れた埼玉県在住63歳の男性は「20〜30代の頃はよく会社の仲間と遊びに来ていた。定年退職をしてこれから第2の人生を楽しもうと思っていたのに、閉館するなんて残念」と名残惜しそうに同劇場を見つめた。


続きを読む
posted by 宝島S at 16:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六本木ヒルズの刃物男「派遣切れ、うっぷん晴らしたかった」

12月31日12時5分配信 産経新聞


 東京・六本木の六本木ヒルズで30日夜、包丁を振り回したとして銃刀法違反容疑などで逮捕された無職、椎名賢次容疑者(28)が警視庁麻布署の調べに対し、「派遣の仕事の契約が切れ、うっぷんを晴らしたかった」などと供述していることが31日、分かった。椎名容疑者は実際、12月中旬で派遣社員の契約の満期を迎え、再契約していなかった。

 調べによると、椎名容疑者は平成17年に都内の有名私大を卒業。定職に就かず、美術関係のアルバイトなど職を転々としていた。直近の仕事の業種は不明だが、派遣社員として働き、12月中旬で契約が切れていた。住居は杉並区天沼のアパートで、1人暮らしだった。

続きを読む
posted by 宝島S at 16:14| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

泰葉、ハッスルデビュー勝利に号泣

12月30日20時59分配信 オリコン

 歌手・泰葉が30日(火)、東京・有明コロシアムで行われたファイティング・オペラ『ハッスル・マニア2008』で、アン・ジョー司令長官相手にプロレスデビュー。7分10秒、回転“海老名”固めでデビュー初戦を勝利で飾った。マイクパフォーマンスで泰葉は「いっ平、お姉ちゃんは勝った! お前も負けるんじゃないぞ!」と絶叫しつつ、リング上で念願の「お陽様よほほえんで」を熱唱した。

 アンと共に登場した小路二等兵がブタを連れてくるなど、過去の暴言に引っ掛けて嫌がらせを受けた泰葉は激怒。試合でも実力派レスラーとしても有名なアンに翻弄されっぱなしだったが、途中からセコンドとしてついていた所属事務所の清水マネージャーがリング上に乱入。鋭い蹴りやパイプ椅子で反撃し、最後は、泰葉が1回転して両足を押さえる“エビ固め”ならぬ“海老名固め”で3カウントを奪った。


続きを読む
posted by 宝島S at 16:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネズミとの「戦争」に敗れ移転決意、村ごと イラン

12月30日15時12分配信 CNN.co.jp


テヘラン(CNN) イランのファルス通信は30日、同国北東部の村マクサンで住民が「ネズミ」との生存競争に敗れ、村ごとの移転を決めたと報じた。

ホラサン州での出来事で、ネズミが勢力を増やし始めたのは2年前ごろから。村民約800人も対抗の措置を講じたが、無駄だったという。同村でのネズミの生息数は伝えられていない。

新たな村の建設地は元の場所から約30キロ離れたところ。政府と地主が土地を提供したという。
posted by 宝島S at 16:45| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

景気悪化で中小企業融資が予想の2倍 大阪市の緊急制度

12月30日19時33分配信 産経新聞


 急速な景気悪化にあえぐ中小企業を支援しようと今年10月に始まった大阪市の「緊急対策資金融資」で、市信用保証協会が保証する融資額が約1000億円を突破したことが30日、分かった。平成20年度末の予想額は500億円だったが、すでに2倍に到達。さらに、20、21年度末の合計保証枠である1500億円までも迫る勢いで、市の担当者は「このような経済情勢では、枠が満杯だからといって融資をやめられない。措置が必要になる」としており、年明けにも融資枠増加の検討に入る。

 「店の客単価が下がる一方で、魚の仕入れ値が上がっており、年末は乗り越えられても先行きは厳しい」

 30日午前、市が大阪産業創造館(同市中央区)に設けた相談窓口に訪れたすし店経営の男性(51)はこう話した。

続きを読む
posted by 宝島S at 16:38| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加藤・山崎氏が新党視野、来月にも新たに勉強会

12月30日3時4分配信 読売新聞


 自民党で年明けから、離党や新党結成などの分裂含みの動きが強まる情勢となった。加藤紘一・元幹事長と山崎拓・前副総裁らは次期衆院選前の新党結成を視野に、1月にも新たな勉強会を発足させる。

 また、道路特定財源の一般財源化を巡る政府の対応に反発する中堅・若手議員の一部が関連法案の採決で造反を模索している。民主党側も、自民党内の造反・離党を誘う動きを強める構えで、1月5日召集の通常国会は政界再編につながる緊迫した展開が予想される。

 加藤、山崎両氏らの勉強会は「日本の国のかたち、あり方を考える」を主題に、自民党議員と、学者や文化人も交えて5〜10人規模となる見通し。構造改革路線を批判する立場から、「行き過ぎた市場原理主義の是正」を旗印とした勢力の結集を目指すとしている。民主党議員の一部を連携相手に想定しているとされるほか、公明党との協力を探る可能性があると見られている。

続きを読む
posted by 宝島S at 16:30| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。