2008年11月24日

元次官宅襲撃>小泉容疑者「元次官と家族10人前後殺害計画」と供述

11月24日23時14分配信 毎日新聞


 元厚生事務次官宅連続襲撃事件で、銃刀法違反容疑で逮捕されたさいたま市北区の無職、小泉毅(たけし)容疑者(46)が「元次官とその家族10人前後を殺害する計画だった」と供述していることを、警視庁と埼玉県警の共同捜査本部関係者が明らかにした。警備が厳しくなり断念したという。捜査本部は、襲撃の対象を元厚生官僚のトップばかりに絞った動機についてさらに詳しく調べる。

 捜査本部は24日午後、小泉容疑者を銃刀法違反容疑で東京地検に送検した。さいたま市南区の山口剛彦さん(66)夫妻殺害事件と東京都中野区の吉原健二さん(76)の妻靖子さん(72)殺人未遂事件の現場の足跡と小泉容疑者の所持していた運動靴がほぼ一致し、供述内容が具体的なことから、捜査本部は殺人容疑などで再逮捕する方針を固めている。


続きを読む
posted by 宝島S at 23:26| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小泉容疑者「年金行政をねらったのではない」などと供述-元次官殺害で

11月24日8時1分配信 産経新聞


 元厚生次官ら連続殺傷事件で、警視庁は23日、銃刀法違反(携帯)容疑で、「事務次官を殺した」と車で出頭したさいたま市北区、無職、小泉毅(たけし)容疑者(46)を逮捕した。埼玉と東京の2つの事件への関与を認めており、所持していたスニーカーの靴底は、東京の現場周辺の足跡とほぼ一致した。小泉容疑者は「昔、保健所にペットを殺され腹が立った」「年金行政をねらったのではない」などと供述しているという

                  ◇

 ■連続殺傷認める供述 「2事件とも同じ刃物使用」


続きを読む
posted by 宝島S at 11:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪-タクシー運転手が刺され死亡

11月24日8時54分配信 時事通信


 24日午前0時50分ごろ、大阪市生野区小路の路上で「男性が刺された」と110番があった。生野署員が駆け付けたところ、同区に住むタクシー運転手郭峰雄さん(57)が倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。郭さんを刺した男が逃走しており、同署は殺人容疑で行方を追っている。

 調べによると、郭さんは右足のひざの裏側を1カ所刺されていた。男は50歳くらいで黒の上下。北方向に走って逃げたという。 


posted by 宝島S at 11:27| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喜多方「ラーメンバーガー」人気

11月23日20時17分配信 毎日新聞


 喜多方ラーメンで知られる福島県喜多方市のレストラン「ふるさと亭」が、「ラーメンバーガー」を発売した。ラーメンの具材を使った「ご当地バーガー」。1日20〜30食限定で、連日完売する人気ぶりだ。

 ゆでためんを丸く焼き固め、パンの代わりにした。パテの具材にはチャーシューやメンマ、ネギ、ナルトを使用。ラーメンスープにかたくり粉でとろみをつけたタレで味付けした。1個350円。

 カリカリのめんとおなじみの具材がマッチして、ラーメンのうまみが口に広がる。ラーメンを作るより手間がかかり、注文は1人5個まで。焼いためんは伸びないが、代わりに客足が伸びている−−。

posted by 宝島S at 11:23| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米次期報道官にギブス氏 オバマ氏、広報チーム布陣を発表

11月23日17時37分配信 産経新聞


 米国のオバマ次期大統領は22日、大統領報道官に選対本部の報道担当を務めたロバート・ギブス氏(37)を起用するなど、次期政権の広報チームの布陣を発表した。オバマ氏は、「いずれも経験の幅と深さで、次期政権を補佐し得る人材だ」と語った。

 ギブス氏は、ケリー上院議員ら複数の民主党議員の報道担当を務め、オバマ氏が上院選に立候補した2004年から同氏の広報戦略を担ってきた。現在は、政権移行チームの報道担当を務めており、大統領報道官への起用が確実視されていた。また、ホワイトハウスの広報責任者には、女性候補の政界進出を支援する民主党系組織「エミリーズ・リスト」の女性事務局長、エレン・モラン氏を起用した。(ワシントン 山本秀也)

posted by 宝島S at 11:19| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダライ・ラマ14世 会見で「政治的役割」からの引退希望

11月23日20時17分配信 毎日新聞


 【ニューデリー栗田慎一】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は23日、チベット亡命政府のあるインド北部ダラムサラで記者会見し、「私も73歳だ。政治的な役割から引退すべきだと感じている」と語り、“国家元首”の立場から身を引き、宗教指導者としての役割に専念したい考えを明らかにした。「高度な自治」を求めて中国と02年から続けてきた対話が事実上失敗したことを受け、責任を取る意向とみられる。すぐの引退はないとみられるが、発言はチベット人社会に大きな波紋を広げそうだ。

 ダライ・ラマはこれまでも、チベット人たちとの会合で政治活動からの自発的な引退を漏らしているが、メディアに対して述べるのは初めて。さらに「私の後は、(チベット仏教ナンバー3で23歳の)カルマパ17世がいくつかの任務を引き継ぐだろう」と述べるなど、後継指名とも取れる発言をした。

続きを読む
posted by 宝島S at 11:15| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。