2008年10月02日

老舗クラブ経営者 脱税で起訴

 東京地検特捜部は2日、東京都港区西麻布のダンスクラブ「スペース・ラボ・イエロー」(6月閉店)の東田隆志経営者(54)を所得税法違反(脱税)で在宅起訴した。91年に開店した「イエロー」は海外から有名DJを呼んで大規模なダンスパーティーを催し、人気を集めていた。

 起訴状などによると、東田被告は建物の賃貸契約やDJの出演契約を複数のダミー会社を通じて締結。自らは「イエロー」などの経営に関わっていないように偽装し、04〜06年の3年間に得た所得約2億900万円を隠し、所得税約6800万円を免れた。隠した所得は家族名義で預金したり、車の購入などに充てていた。既に修正申告に応じているという。


10月2日20時32分配信 毎日新聞
posted by 宝島S at 12:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。