2008年08月25日

大惨敗で見えた、日本マラソンが抱えている危機

2008年8月25日(月) スポーツナビより

■高速レースを制したワンジル

8月24日、五輪男子マラソンはワンジルが金、猛暑の高速レースに日本勢は脱落【Photo:ロイター】 北京五輪最終日の男子マラソン。秋の早朝の涼しさが残る中を、スタート直後から飛び出したサムエル・ワンジル(ケニア)が、5キロを過ぎてさらにペースアップして先頭集団を絞り込む。黒人選手たちが集団を作ってハイペースで進むのは、冬場のビッグマラソンと同じ光景。日本の尾方剛、佐藤敦之(ともに中国電力)の姿は、テレビ画面には登場しなくなり、メダルは消滅した。さらに、1984年ロサンゼルス大会から続いていた、五輪連続入賞も、ここで途絶える可能性が高くなった。

 10キロまでに、5キロのラップタイムが14分32秒に上がったトップ集団のペースは、15キロでは15分11秒に落ちたが、再び14分33秒、14分48秒と上がる。女子のレースのような安定したペースではなく、常に誰かが揺さぶりをかける激しい展開。それがハイスピードの中で行われるのは、近年の五輪のマラソンにはなかった姿だ。
 その中で、巧みに力をためていたワンジルは、37キロ手前でスパートして並走していた、2003年、05年世界選手権連覇のジャウアド・ガリブ(モロッコ)と、昨年の福岡国際マラソンで彼に次ぐ2位だったデリバ・メルガ(エチオピア)を振り切って優勝を決めた。競技場へ入って、観客席に手を振りながらゴールしたタイムは2時間06分32秒。まさに冬マラソンそのものの記録だった。

続きを読む
posted by 宝島S at 16:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閉会式でも「人工消雨」=北京〔五輪〕

 【北京25日時事】25日付の中国紙・京華時報によると、北京五輪の閉会式が行われた24日、中国当局は雨天を避けるためロケット弾を発射、雨雲を散らした。

北京気象台の郭虎台長が明らかにした。8日の開会式でも同様の「人工消雨」措置が取られている。

 24日午後8時スタートの閉会式が雷雨の影響を受ける恐れが出てきたため、午後2時から8時50分にかけて飛行機8機を飛ばし、雲を消す作用のある物質を大量に散布。

同時に北京、天津、河北省から計241発のロケット弾を発射した。

8月25日11時57分配信 時事通信より
posted by 宝島S at 15:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノムさん王さん電撃対談…星野JAPANの敗因分析

8月25日8時0分配信 スポーツ報知より

 楽天・野村監督、ソフトバンク・王監督が24日、北京五輪でメダルを逃した星野ジャパンをそろって敗因を分析した。故障者が続出したことについてノムさんは「メンバー編成が難しい。今の子は痛みに弱いし」とチクリと刺せば、王監督は「キューバ、韓国、アメリカはやっぱりすごい」と冷静に分析。球界の重鎮にとっても、今回の敗戦は大きな関心事だったようだ。

 Kスタ宮城での楽天・ソフトバンク戦が雨天中止となり、いつものように報道陣の質問を受けている野村監督の元に、王監督があいさつに訪れた。話題が『星野ジャパンについて』と聞くと、王監督も腰を下ろし“緊急対談”となった。

 ノムさん「五輪、ダメだったね」

 王監督「残念でしたね。難しいですよ。1つ負けたらオシマイですから」

 ノムさん「メンバー編成が難しいよ。(打順の)3、4、5番がしっかりしないと」

 王監督「初めての対戦はバッターは難しい。でもウチの(和田、杉内)はよく打たれましたね」

続きを読む
posted by 宝島S at 15:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星野氏、WBC監督要請に前向き

8月25日8時1分配信 サンケイスポーツより

 北京五輪野球で4位に終わり、メダルを逃した日本代表が24日、成田空港に帰国した。星野仙一監督(61)は「ファンに申し訳ないと思っている」と、改めて全責任を負う考えを示した。それでも来年3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)での監督要請に関し、結論は出していないが「失敗を取り返すのもオレの人生」と受け入れる可能性も示唆した。

 激しいフラッシュが、非難と叱責(しっせき)に感じた。メダルすら持ち帰れなかった、屈辱の帰国会見。星野監督は、「相当の批判を浴びる覚悟でいます。フラッシュの嵐も覚悟していました」と、頭を下げた。

 「ここは“被告席”みたいなもの。ここの席にいる人たちに『申し訳ない』と言わせている私は、情けない」

 敗軍の将としての責任はすべて受け止めた。だが、その目は決して、あきらめを意味しているわけではなかった。

 会見10時間前の北京。指揮官は、批判を覚悟の上で、今後について語っていた。日本プロ野球組織(NPB)から、一本化には至っていないが水面下の打診を受けている、WBC監督問題についてだった。

続きを読む
posted by 宝島S at 14:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キルギスの旅客機墜落事故、死者68人に

8月25日1時31分配信 読売新聞より

 【モスクワ=大内佐紀】キルギスの首都ビシケクのマナス国際空港で24日夜、イランのテヘランに向け飛び立ったボーイング737型の民間旅客機が離陸直後に空港近くに墜落した。

 インターファクス通信によると乗客乗員90人のうち、68人が死亡し、22人が負傷した。

 乗客は大半がイラン人やキルギス人、カナダ人などで日本人は搭乗していなかったとみられている。

 タス通信によると、キルギス政府高官はテロの可能性を否定した。同機は、高度約1000メートルに到達したあたりで機内の気圧が急激に低下したため、機長がマナス空港への緊急着陸を求めて引き返したが、その直後に墜落したという。墜落地点は空港から数キロだった。

続きを読む
posted by 宝島S at 14:35| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実験 ナマコやハゼで海水浄化

8月25日9時50分配信 カナロコより

 開港当時のきれいな海を取り戻そうと、横浜市がハマの観光名所・山下公園(中区)の目の前で、全国初のユニークな実験に取り組んでいる。海藻や魚介類など海の生き物が持っている浄化能力を活用し、水質や透明度をアップしようというもの。来年の横浜開港百五十周年や、この海域で同年八月に開催されるトライアスロンの国際大会に向けて、弾みをつけたい考えだ。

 実験場所は氷川丸と大さん橋の間。四十メートル×八十メートルの四辺のうち、三辺に海底まで化学繊維の水中スクリーンを設置。沖側の一辺は海底部分を開けて生物の動線を確保。さらに、護岸と平行に六枚の水中スクリーンを海面からと海底からの二種類を三枚ずつ交互に設置し、海面近くを漂う赤潮や降雨時の濁り水が入らない造りになっている。

 汚れた海水の流入を防いで水質を安定させ、ナマコやハゼなど、この海域に生息する五十種類以上の生物が、どれだけ海水を浄化するかを調べる。土砂の入れ替えや、ろ過装置などの器具を使わず、自然の力に任せるのがミソ。本年度予算で、市の新規事業として三千六百万円を計上している。

続きを読む
posted by 宝島S at 13:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(環境と健康) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。