2008年08月08日

厚生年金>赤字5兆円…昨年度時価収支で初、積立金運用損

8月8日22時15分配信 毎日新聞より

 社会保険庁は8日、厚生年金、国民年金の07年度収支をまとめた。厚生年金は簿価ベースでは黒字だったが、積立金の市場運用で大幅な運用損を出した影響で時価では5兆5909億円の赤字。05年度分から公表している時価収支で赤字となったのは初めて。国民年金は簿価、時価ともに赤字だった。

 保険料収入の伸びや積立金の取り崩し増などで厚生年金の歳入は36兆830億円となり、前年度を5833億円上回った。歳出は7476億円増の35兆1451億円で、簿価上は9378億円の黒字。ただ、運用収入が4兆8705億円減少したことが響き、時価は大幅赤字となった。

 国民年金は歳入5兆5729億円、歳出5兆9322億円でともに前年度を下回り、簿価で3593億円のマイナス収支。時価は赤字幅が7779億円に膨らみ、2年連続の赤字決算となった。

 また、政府管掌健康保険の07年度収支も公表。収入7兆7164億円に対し、支出は7兆8516億円で、1352億円の赤字だった。単年度赤字は02年度以来5年ぶりで、内訳は介護分が38億円の黒字だったものの、医療分は1390億円の赤字。
posted by 宝島S at 12:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公明党が経済対策を提示、定額減税や高速道路料金引き下げなど柱

8月8日14時30分配信 ロイターより

 [東京 8日 ロイター] 公明党は8日午前、物価高に対応した生活者支援を目的に定額減税や低年金者・生活保護世帯への物価スライド分の上乗せなどを柱とする経済対策を与謝野馨経済財政担当相に提示した。

 産業対策では、燃料費高騰分の一部補てんや高速道路料金の引き下げなども提案。中小零細企業等を対象にセーフティネット保証・貸付制度の強化拡充を求めている。

 全体の規模は提示してないが、時限的な減税措置にも踏み込んだ。半面、対策のための財源ねん出では、国会議員の歳費や国家公務員幹部職員の給与の10%カットなども提示し、経費節減によるムダゼロに向けた姿勢も明示している。

 経済対策の骨子は以下の通り。
続きを読む
posted by 宝島S at 11:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。