2008年07月23日

ハリー・ポッター>最終第7巻発売 書店にはファンが列

7月23日10時41分配信 毎日新聞より

 世界67カ国の言語に翻訳され、累計4億部を超えるベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの最終第7巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」(J・K・ローリング著、松岡佑子訳、静山社、上下セット3990円)が、23日発売された。初版は180万部。開店時間を早めた書店には早朝から熱心なファンが詰めかけた。

 日本では99年の第1巻以降の6巻で計2247万部を販売。主人公ハリーの運命が明かされる最終巻は、ファンの関心も特に高い。

 東京都八王子市のくまざわ書店八王子店は発売解禁時刻の午前5時に開店。168人が列を作り、発売を待ちわびた。

 開店前には翻訳者の松岡さんが魔女のコスプレで登場し、「今までで一番おもしろい本がみなさんのもとに届きます。一日で読んでしまわないでね」とメッセージ。ファンと一緒のカウントダウンのあと、1セットずつ手渡した。


続きを読む
posted by 宝島S at 12:16| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスジャックの中2少年が謝罪

 愛知県岡崎市の東名高速道路で起きたバスジャック事件で、監禁容疑などで現行犯逮捕された山口県宇部市の中学2年の少年(14)が愛知県警の調べに対し、「多くの人に迷惑をかけた」などと供述していることが22日、わかった。

 一方、両親に対しては引き続き、「会いたくない」と話しているという。

 捜査幹部によると、少年は当初、「両親に恥をかかせたかった」などと供述していたが、最近になって、「乗客や運転手などを含め、多くの人に迷惑をかけた。ごめんなさい」などと反省の態度を示しているという。

 県警は、学校関係者らから事情を聞くとともに、近く少年の自宅を捜索し、少年が犯行に至った動機などについてさらに解明を進める。

7月23日10時40分配信 読売新聞より
posted by 宝島S at 12:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マケイン氏の論文掲載を拒否=米有力紙

 【ワシントン21日時事】米共和党の大統領候補指名が確定したマケイン上院議員が、有力紙ニューヨーク・タイムズに掲載された民主党のオバマ上院議員のイラク政策に関する論文への反論の掲載を同紙に求めたところ、拒否されていたことが21日、分かった。

米メディアが報じた。オバマ氏と比較してマケイン氏のメディアでの扱いは小さいとの指摘は前々からあったが、今回の同紙の対応は公平性の観点から論議を呼びそうだ。 


7月22日6時30分配信 時事通信より
posted by 宝島S at 12:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大手銀行が役員賞与を復活

7月23日9時59分配信 ダイヤモンド・オンラインより

 メガバンクが今夏から役員賞与を復活させている。

 三井住友フィナンシャルグループは今年6月に役員賞与を支給した。支払額は1人平均680万円。旧住友銀行では16年ぶり、旧さくら銀行では13年ぶりの復活となった。

 三菱UFJフィナンシャル・グループでも、旧三菱銀行、旧東京銀行、旧三和銀行、旧東海銀行以来、13年ぶりの支給となる。実際の役員賞与額は不明だが、1人当たり平均で1714万円を上限に役員賞与を支払うことが、6月末の株主総会で承認された。

 一方、2008年3月期に6450億円ものサブプライム関連損失を計上したみずほフィナンシャルグループでは支給を見送った。

 なお、りそなホールディングスは2003年3月の発足時から役員賞与を廃止。いまだに公的資金が残る中央三井トラスト・ホールディングスも役員賞与は支払われていない。

 大手6行のなかでは、いち早く公的資金を完済した住友信託銀行のみが2004年夏に役員賞与を復活させていた。

続きを読む
posted by 宝島S at 11:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュリアナ東京が1日限定復活 荒木師匠も!

7月23日7時2分配信 スポーツニッポンより

 社会現象にもなったディスコ「ジュリアナ東京」が1日限定で復活することになった。ダンスミュージックブームをけん引してきたエイベックスの創立20周年企画の一環。「お立ち台」「ボディコン」なども再現される。ジュリアナが生んだスター、荒木師匠こと荒木久美子さん(38)は「私は当日、最強の戦闘服で戦場に赴く」と心待ちにしている。

 91年5月から94年8月まで東京・芝浦でディスコブームを支えたジュリアナ。閉場後、跡地はスポーツ用品店となっており、今回の復活イベントは東京・ディファ有明で行われる。開催日は9月6日。3000人を集客予定だ。

 ジュリアナの副支配人だった高野博文氏(42)を総合プロデューサーに迎え、当時を完全再現する。露出の激しいボディコン衣装が会場の入り口で貸し出され、お立ち台も復活。「ジュリ扇」と呼ばれた扇子も販売される。店員は全身黒ずくめの「黒服」で臨む。

 当日は荒木師匠をはじめ、「ジュリアナズ・トキオー」のアナウンスで知れわたったカリスマDJのジョン・ロビンソン氏(43)らも参加予定だ。

続きを読む
posted by 宝島S at 11:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノムさんブチ切れ打つ手なし

 【楽天2―14西武】楽天はともに今季ワーストの16安打14失点の大敗。今季最多の借金6で4月10日以来73試合、103日ぶりの最下位転落だ。試合後、穏やかに試合を振り返っていた野村監督だったが順位に話題が及ぶと突然、声を荒らげて会見を打ち切った。

 「順位?それは関係ない。オレたちはチームを立て直すことを考えてやっている。首位争いやっているならいいけど、下位にいて順位なんて気にしていません!」

 試合前に田中の右肩痛が判明。23日にも出場選手登録を抹消する。「あとは片山、長谷部に期待だな」と言った野村監督の願いはあっさり裏切られた。プロ3度目の先発、長谷部が最短の2回途中7失点で2敗目。その2回になんと11点を失った。プロ初勝利が遠い長谷部は「精神的なものですね。明るい話題をと思っていたんですが、申し訳ありません」と“田中ショック”を振り払えず肩を落とした。打線も2回、草野の1号2ランで一度は逆転したが3回以降は1安打と涌井にひねられた。

 7月は4勝12敗2分けで早くも負け越しが決定。2カ月連続負け越しで最下位、さらに田中故障と今季90試合目は悪夢の連続となった。「椅子を蹴っ飛ばして帰りたい。いいやろ。話すことはないよ」。打つ手なし。さすがの野村監督もぼやく気力すら喪失した。

7月23日7時1分配信 スポーツニッポンより
posted by 宝島S at 11:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合同新聞社事業部長が教育委員会の幹部に口利きを依頼

 大分合同新聞社事業部長が長女の教員採用をめぐり、大分市教育委員会の幹部に口利きを依頼したことについて、同社の利満広志常務社長室長らが22日夜、大分県庁で記者会見し、「報道機関の社員としてのモラルに欠けると判断した。

事態を深刻に受け止め、県民と読者に深くおわびする」と謝罪した。


7月23日1時14分配信 時事通信より

 
posted by 宝島S at 11:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八王子通り魔事件、容疑者の父親頭が真っ白

 逮捕された菅野昭一容疑者の父親(69)は23日朝、産経新聞社などの取材に応じ「相談はなかった。犯行の原因は思いつかない。被害者の方に申し訳なく頭が真っ白な状態」などと謝罪の言葉を述べた。

 父親によると、菅野容疑者は7年ほど前に自宅を出るまでは、両親と3人の姉、2歳違いの弟の7人で暮らしていた。地元の小・中学校を卒業後に進学した高校に1日も登校せずに退学、その後はフリーターをしていたという。

 その後、女性と同棲(どうせい)するなどして自宅を出たが別れ、現在は1人暮らしを続けていた。

 最近は東京都八王子市内の板金・加工会社に就職し、作業中に指をけがした際も「本採用だから勤める」などと意欲を見せていたという。

 菅野容疑者の趣味は音楽鑑賞やカラオケで、父親は「おとなしい、内向的な性格で暴力を振るったことはない。どうしてこんなことをしたのか…」と肩を落としていた。

7月23日9時58分配信 産経新聞より
posted by 宝島S at 11:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。