2008年07月21日

源氏物語 全巻写本「大沢本」を発見

7月21日21時19分配信 毎日新聞より

 「大沢本」として存在は知られながら70年近く行方不明だった「源氏物語」全巻の写本が個人宅に所蔵されていたことが分かった。所有者の調査依頼を受けた国文学研究資料館の伊井春樹館長が大沢本と確認し、21日に大阪府立大で開かれた講演会で発表した。中には鎌倉中期の写しと推測される古い巻もあるといい、伊井さんは「重要文化財級の貴重な資料」としている。

 大沢本は、大沢という人物が豊臣秀吉より拝領したと伝えられ、明治以降度々の鑑定を受けたが、太平洋戦争前後にこつ然と姿を消した。

 大沢本を最初に鑑定したのは、明治期の古典研究家、小杉※邨(すぎむら)。小杉の覚書「鑑定雑記」を調べている伊井さんは、1907年11月に「大沢氏の子孫が持ち込んだ『源氏』写本を鑑定」という記述を発見し、かねて興味を抱いていた。また、源氏学者の池田亀鑑は40年ごろに大沢氏蔵の写本を見たが「十分な調査が出来ないまま、大戦をはさんで行方不明になった」と書き残している。今回、「源氏」本文と共に小杉らの鑑定書も見つかり、「鑑定雑記」の記述と一致することから大沢本と認められた。


続きを読む
posted by 宝島S at 23:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国・雲南省でバス2台が爆発

 中国国営新華社通信(電子版)によると、雲南省昆明市で21日、バス2台が相次いで爆発、2人が死亡、14人が負傷した。

 爆発は約1時間の間に連続発生した。

 同通信は「人為的な破壊事件」との見方を伝えている。


7月21日12時50分配信 読売新聞より
posted by 宝島S at 18:32| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際数学五輪で日本は11位

 文部科学省は21日、高校生らを対象にスペインで開催された国際数学オリンピックで、日本代表は2人が金メダル、3人が銀メダル、1人が銅メダルと、参加した男子高校生6人全員がメダルを獲得したと発表した。国別では11位で、過去最高の成績だった昨年の6位から後退した。

 金メダルは、灘高(神戸市)3年の関典史さん▽筑波大駒場高(東京都)2年の副島真さん。銀メダルは灘高3年の浅野知紘さん▽同2年の今村志郎さん▽開成高(東京都)2年の保坂和宏さん。銅メダルは筑波大駒場高2年の滝聞(たきぎく)太基(もとき)さん。

 一方、ハンガリーで開催された国際化学オリンピックでは、参加した男子高校生4人全員が銅メダルを獲得。獲得したのは、灘高3年の東(あずま)星一さん▽同3年の福井識人(のりひと)さん▽駒場東邦高(東京都)2年の小澤直也さん▽宮城県仙台第二高3年の鈴木裕太さん。

7月21日14時1分配信 産経新聞より
posted by 宝島S at 18:29| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。