2008年07月06日

ゲイ故障五輪へ暗雲〔五輪・陸上〕

【ユージン(米オレゴン州)5日時事】当地で5日に行われた陸上の全米選手権第7日で、男子200メートル2次予選に出場したタイソン・ゲイ(25)=米国=がレース中に左太もも裏を痛めて転倒し、途中棄権した。同選手のマネジャーによると、激しいけいれんを起こした。今後、精密検査を受ける予定。

 全米選手権は北京五輪米国代表選考会。ゲイの男子200メートルでの代表入りはなくなり、目指していた同五輪での短距離2冠の可能性は消えた。同100メートルでは既に代表に決まっているが、重度の肉離れなどの症状が判明して回復が遅れた場合、約1カ月後に開幕を控えた同五輪への出場自体が危ぶまれる。

 同選手は関係者を通じ「とても落胆している。トラックに出る前に太ももに少し張りがあり、嫌な感じがしていた。カーブを曲がる際、最初の2歩まではよかったが、次に引っ張られる感覚がきた。数日間様子をみたい」などとコメントした。

 ゲイは昨夏の世界選手権大阪大会で男子100、200メートル、400メートルリレーで3冠を獲得。今年5月にはウサイン・ボルト(ジャマイカ)が同100メートルの世界新記録9秒72を樹立したが、ゲイは今回の全米選手権で追い風4.1メートルの参考記録ながら同種目9秒68の計測史上最速タイムで圧勝。北京五輪では有力な金メダル候補になっている。 (了)

7月6日7時0分配信 時事通信より
posted by 宝島S at 12:46| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。