2008年05月31日

「赤毛のアン」出版100年でブーム 

5月31日22時25分配信 産経新聞より

 世界中で読まれている名作小説「赤毛のアン」が誕生して今年で100年。日本にもファンは多く、“100歳”を機にちょっとしたブームが起きている。今年初めに刊行された翻訳文庫本の新装版は飛ぶような売れ行きで、物語の舞台であるカナダ東部のプリンスエドワード島を訪ねる記念ツアーも好評。DVDやミュージカルも人気で、物語の素朴な味わいが見直されているようだ。(横山由紀子)

 赤毛のアンは1908年6月、カナダの女流作家、ルーシー・モード・モンゴメリ(1874〜1942年)が出版した。孤児院から引き取られたアンが、自然の美しい島で感受性豊かに成長する姿を描いた物語で、22カ国語に翻訳され、日本では昭和27(1952)年に紹介された。誕生100年の今年は海外のみならず、日本でもさまざまな企画が組まれている。
続きを読む
posted by 宝島S at 21:38| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表吉田義人氏と歌手大西亜里結婚

 ラグビー元日本代表のWTBとして活躍した吉田義人氏(39=横河電機ラグビー部ディレクター)が結婚することが30日、明らかになった。お相手はシンガー・ソングライターの大西亜里(37)。7月20日に都内で親族や友人ら約400人を招いて披露宴を行う。

 2人は06年8月、吉田氏と同郷の先輩、プロ野球元横浜の石井浩郎氏(43)の結婚式で初めて出会った。以来、友人と食事などをともにするグループ交際を開始。「とても気配りのできる人」と話す吉田氏は昨年2月、交際の申し込みと同時にいきなりプロポーズ。「決める時は決めるから」と、現役時代さながらのスピードあふれる? アタックで見事に大西のハートを射止めた。

 吉田氏は現役引退後の04年から横河電機のコーチに就任。昨季には悲願のトップリーグ昇格を支えた。一方の大西も来月4日にファーストミニアルバム「幸せの言葉」(エイベックス・エンタテイメント)をリリース。吉田氏は「お互い人が好きなので、仲間が多く集える家庭にしたい」と笑顔で大西と目を合わせた。


5月31日9時56分配信 日刊スポーツより
posted by 宝島S at 21:15| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。