2008年05月23日

日本のインターネット、総PVは減る傾向

5月23日16時58分配信 ITmediaニュースより

ネットレイティングスが5月23日に発表したインターネット利用動向調査(家庭からのアクセス)によると、日本ユーザーの総ページビュー(PV)が減っていることが分かった。総利用時間は増加を続けている。

 「Flashなどのリッチコンテンツが増えたことと、Ajaxなどクリック数を減らす技術が普及したことで、1ページに滞在する時間が長くなっている」と同社の萩原雅之社長は分析する。

 4月の総PVは前年同月比3%減の804億7400万PV、総利用時間は同18%増の9億2800万時間だった。2001年から昨年まで、総利用時間・PVはともに増加を続けていたが、今年初めて、総PVが減少に転じた。

 ユーザー1人当たりの月間PVも、06年3月の2077PVをピークに減少し、今年4月は1667PVだった。一方で1人当たりの利用時間は増加を続けており、4月は合計20時間20分。1PV当たりの平均滞在時間は、ダイヤルアップ接続が主流だった01年4月は34秒だったが、今年4月には41秒に増えた。

 「PVはネットビジネスで重視され、今後も伸びると思っている人が多くいるが、むしろ減っている」と萩原社長は指摘。ネット広告については「PVやインプレッション数に応じて課金する仕組みだけでなく、露出時間に連動する広告商品が必要では」とみる。
続きを読む
posted by 宝島S at 14:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。