2008年05月21日

大相撲夏場所>琴欧洲が朝青龍破り、全勝を守る

 大相撲夏場所(東京・両国国技館)は11日目の21日、大関・琴欧洲と横綱・朝青龍が対戦。無敗の琴欧洲が、1敗の朝青龍を破り11連勝。両まわしを引きつけて寄る完勝だった。前日、土がついた白鵬は、もろ差しで千代大海を退け、10勝。平幕の豊ノ島も2敗。

 千代大海は6連敗で負け越し、名古屋場所は史上ワーストとなる12度目のカド番。魁皇は若ノ鵬を下して6勝としたが、琴光喜は勇み足で5敗となった。

 ○…千代大海が白鵬に敗れ、6日目から6連敗で負け越した。突き押しが不十分だったで、「場所前の調整不足と右ひじの痛みが再発してしまった」とサバサバ。「カド番を越えられなかったら即引退するつもりでね。悔しい負け方をしたんで、しっかり借りを返さないと」と、早くも12回目のカド番となる名古屋場所への決意を表明した。しかし、最後に「休まないし、引退と言ったけど発破だから」。 

5月21日18時8分配信 毎日新聞より
posted by 宝島S at 11:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。