2008年04月26日

北京五輪聖火リレー、最終走者の野口がゴール

北京五輪聖火リレーが26日、長野市で行われ、聖火は午後0時30分、ゴール地点の若里公園に到着した。

 チベット問題を巡り世界各国で混乱が起きたのを受け、聖火は、約100人の警察官らに取り囲まれるようにして守られ、厳戒態勢の市街地を走った。

 沿道には全国から集まった中国人留学生らが並び、チベット支援者らとの間で小競り合いが繰り返され、長野県警はコースの車道に飛び出しすなどした男3人を威力業務妨害容疑で逮捕した。

 長野市消防局によると、正午ごろまでに、4人のけが人が出た。いずれも軽傷とみられる。


4月26日12時32分配信 読売新聞より
posted by 宝島S at 13:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田兄弟が協栄ジムと離別、法廷闘争も

4月26日9時53分配信 日刊スポーツより

亀田兄弟と協栄ジムの対立が、法廷闘争に発展する可能性が出てきた。WBA世界フライ級1位の長男興毅(21)と次男大毅(19)が同ジムを離れることが25日、分かった。今年2月に解雇騒動が起きるなど、両者対立は深まっていた。亀田サイドは金銭を含めた待遇面に不満を持ち、協栄サイドは昨年10月の反則騒動などトラブルの多い亀田兄弟に被害を受けたと主張する構えだ。互いに「離別」の意思は固いが、条件交渉は平行線で、亀田兄弟の今後は不透明のまま。最悪の場合、決着は法廷に持ち込まれる。

 亀田兄弟と協栄ジムの対立は修復不可能となった。両者は今年に入って対立が深まり、最近は弁護士を通して交渉を続けていた。互いに「離別」の意思は強いが、金銭面を含めた条件は合意できていない。泥沼の法廷闘争も現実味を帯びてきた。

 離婚に例えれば、協栄ジム側が慰謝料を、亀田側が財産分与を求めている構図だ。同ジムは、3年前に移籍加入した亀田兄弟を特別待遇で迎えた。都内に専用の道場を設け、トレーナーも派遣した。だが、亀田家の注目度が上がるにつれ、ジムとしてコントロール不能になっていった。昨年10月に起きた大毅の反則騒動後には一時「和解」したが、その後に興毅が同ジムを訪れたのは数回だけ。今年3月の復帰戦後は1度も同ジムで練習していないという。協栄側はトラブルの多かった亀田側に「損害賠償」を求めることも辞さない方針だ。
続きを読む
posted by 宝島S at 13:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木村拓哉と張り合う織田裕二に勝算あるのか

4月26日10時1分配信 日刊ゲンダイより

●キムタクはスタートしていないのに
 織田裕二(40)が“キムタク超え”にシャカリキになっている。7月クールの「月9ドラマ」(フジテレビ)に主演することが決まったという。

 今クールの月9は木村拓哉主演の「CHANGE」(フジテレビ)が5月から放送される。まだスタートしていないのに、早くもその“後枠”に注目が集まっているのだ。

「織田にとっては04年の『ラストクリスマス』以来、4年ぶりの月9主演になります。タイトルは未定ですが、理髪店を舞台にした物語になる予定です。高視聴率を確実視されている『CHANGE』を意識して、織田は今から気合満点です」(テレビ関係者)

 これまでも、織田は木村に対抗心をムキ出しにしてきた。

 昨年は、木村の主演ドラマ「華麗なる一族」(TBS)の直後の同じ枠の「冗談じゃない!」に主演。木村が時代劇に初挑戦した映画「武士の一分」に対抗するかのように、織田の「椿三十郎」が公開された。
続きを読む
posted by 宝島S at 13:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。