2008年04月11日

モバゲータウン、会員数が1,000万人を突破

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)は2008年4月10日、同社が運営する、ケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」の会員数が1,000万人を突破、また1日の PV が3月20日に6億を超えた、と発表した。

年代別の構成比では、全年齢層で会員が増加する中、20代および30代以上の会員数が増加し、10代のユーザーと20代のユーザーの比率がほぼ同数になったという。また、ケータイ小説コーナー(投稿小説コーナー)の閲覧数は、3月の平均で1日1億回を超えているとのこと。

モバゲータウンでは1,000万人突破を記念し、期間限定のゲームやアバターアイテムのプレゼントなどの企画を予定している。

4月10日15時41分配信 japan.internet.comより

モバゲータウン

posted by 宝島S at 21:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人民元の対ドル相場が上昇

【上海10日時事】中国・上海外国為替市場では10日、このところ上昇ペースを速めていた人民元の対ドル相場が、2005年7月の切り上げ以来初めて1ドル=6元台に突入した。中国人民銀行(中央銀行)は同日、取引開始前に示す参考値「中間値」を6.9920元と、過去最高値水準に設定した。
 
人民元相場は依然中国当局の厳しい管理下にあるが、中国政府は最重要課題に掲げるインフレ抑制のため、輸入価格を抑える手段として一定の元高を容認する姿勢とみられる。また、対中貿易赤字が拡大する米国は人民元の上昇加速を求めており、最近の元高の背景には、対米関係への配慮もあるとみられる。
 
元の対ドル為替レートは切り上げ後の8.11元から2年9カ月で約16%上昇。07年は1年かけて約7%上昇したが、今年は年初から3カ月で4%以上元高が進んでいる。 

4月10日11時1分配信 時事通信より

posted by 宝島S at 21:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロナウジーニョとミラン、交渉はほぼ成立

本当にその時が来ようとしているようだ。ロナウジーニョとミランはあと一歩まで近づいている。ベルルスコーニとガッリアーニの言葉が事実で裏付けられた。ロナウジーニョのミランへの移籍に向けて、木曜日には二つの重要な交渉が行われた。まずはバルセロナで、ミランとの仲介役を務めるブロンゼッティがバルセロナのスポーツディレクターのベギリスタイン、およびロナウジーニョの代理人である兄のロベルト・デ・アシスと会談。この席でバルセロナは交渉にゴーサインを出した。

 ロナウジーニョとラポルタ会長(およびカンプ・ノウのサポーター)との関係はもはや良好とは言えず、どちらも別れを望んでいる。ミランはすでにロナウジーニョ本人から前向きな返事を受け取っており、バルセロナに対しては2000万ユーロ(約32億円)のオファーを出した。バルセロナもこの金額に満足しているようだ。

 スペインのラジオ『オンダ・カタラーナ』によれば、木曜日にはブロンゼッティとアシスがミラノでアドリアーノ・ガッリアーニ副会長にも会ったようだ。交渉の成立に向けたベースは固まり、次回の交渉はおそらく来週に予定されている。その席で、ロナウジーニョが赤と黒のユニホームを着るための契約の詳細が決まることになりそうだ。

4月11日12時3分配信 スポーツナビより
posted by 宝島S at 20:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国が黄砂の情報公開同意

中国が黄砂の飛来情報の公開を拒否していた問題で、鴨下環境相は11日、閣議後の記者会見で、中国が一転、公開に応じることでほぼ合意したことを明らかにした。

 鴨下環境相が12日から訪中し、中国側と正式合意を目指す。

 「黄砂飛来情報ページ」は環境省が今年2月にホームページ上で運用を開始。当初は日本、中国、韓国、モンゴルの4か国での観測データを公開する計画だったが、中国は気象は国家機密にあたり、データを国外に持ち出すことを禁じた法律に抵触するとして公開を拒否していた。このため情報ページは精度の低い状態での運用が続いている。

 中国側は「詳細に検討した結果、公開できることがわかった」と説明しているという。

4月11日10時52分配信 読売新聞より
posted by 宝島S at 20:48| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(環境と健康) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「満月」ならぬ「満地球」=かぐや撮影

20080411-00000017-jijp-soci-view-000.jpg

月周回衛星「かぐや」に搭載されたハイビジョンカメラで撮影された「満地球」(宇宙航空研究開発機構、NHK提供)。撮影チャンスは、太陽、月、地球が一直線に並ぶ年2回だけ。ハイビジョンでの撮影は世界初という


4月11日18時5分配信 時事通信より
posted by 宝島S at 15:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(環境と健康) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連潘基文事務総長、五輪開会式欠席へ

【ニューヨーク10日時事】国連の潘基文事務総長は、今年8月の北京五輪開会式への出席を見送る方針を固めた。岡部万里江事務総長副報道官が10日の定例会見で明らかにした。
 
潘氏は7月の北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)に合わせ、日中韓3カ国を歴訪する方向で調整を進めており、このわずか1カ月後に再度中国を訪れるのは日程上問題があると判断したもようだ。チベット問題への考慮もあったとみられる。
 
岡部氏は会見で、「事務総長は日程の都合上、この重要なイベント(開会式)に出席することができない恐れもあると数カ月前に中国政府に伝達した」と語った。中国は昨年、潘事務総長を開会式に招待しており、複数の国連筋によれば、潘氏は当初「出席できるかもしれない」との考えだった。 

4月11日7時0分配信 時事通信より
posted by 宝島S at 11:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローソン稲庭うどんに地元怒る

4月11日2時31分配信 毎日新聞より

大手コンビニエンスストア「ローソン」の子会社が運営する100円ショップが、自社ブランドの「稲庭平打饂飩(うどん)」を販売したことに、秋田県稲庭うどん協同組合(秋田県湯沢市)が「品質が悪く、ブランドイメージが落ちる」と反発している。「平打饂飩」の製造業者は「本来の稲庭うどんより味が落ちる」と認めるが、ローソンは「『稲庭うどん』は商標化されておらず、法的に問題ない」と反論。組合側はローソンと業者に対して抗議を検討している。

 稲庭うどんは湯沢市稲庭町で300年前から作られている。「日本三銘うどん」の一つとされ、滑らかなのどごしが特徴だ。

 200グラム300〜500円で販売され、「日本一高級な乾めん」とも言われるが、類似品が出回り、01年に地元業者が組合を設立。19社が加盟し、製造方法と味を守っている。

 ローソンの子会社「バリューローソン」は昨年5月、東京都、神奈川県など1都3県に86店舗を展開する「ローソンストア100」で、「稲庭平打饂飩」(150グラム100円)の販売を始めた。製造業者は明記していないが、組合未加盟の湯沢市稲庭町の業者に製造を委託している。
続きを読む
posted by 宝島S at 11:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフの古閑美保とロッテの西岡剛の“熱愛”が明らかに

4月11日7時7分配信 スポーツニッポンより

 一流アスリート同士のビッグカップルだ。プロ野球ロッテの西岡剛内野手(23)と、女子プロゴルフ界の人気者・古閑美保(25)の“熱愛”が明らかになった。昨年12月に知り合い、お互いの自宅を行き来して食事するなどのデートを重ねている。古閑は自身の恋愛についての「ぶっちゃけトーク」で話題を呼んでいるが、そのお相手は球界が誇るイケメン内野手だった。

 女性ファンから抜群の人気を誇るイケメン内野手に、かたや実力も兼ね備えた美人プロゴルファー。西岡は古閑との関係について「聞かれたらきちんと話すつもりでした」と前置きした上で「同じアスリートとして、一緒にご飯を食べたりはしています。あと僕もゴルフが好きなんで、一緒にコースを回って教えてもらったり…」と語った。交際の事実に関しては「付き合っているわけではないので」と否定したが、包み隠すことはないといった堂々とした受け答えだった。

 2人が知り合ったのは昨年12月。TBSテレビの番組収録で初対面し、西岡が大のゴルフ好きということもあって意気投合。今年1月には数回、一緒にラウンド。さらにお互いの自宅を行き来して食事をするなどの“デート”も重ねてきた。11日発売の写真週刊誌「フライデー」でも「車中&お泊まり愛」などが報じられている。西岡自身は06年からタレントのさくら(24)と交際していたが、このほど破局。“フリー”の立場だけに、今後の2人の関係が大きく発展することも考えられる。
続きを読む
posted by 宝島S at 11:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後期医療制度「高齢者差別だ」自治体に苦情殺到

4月11日8時2分配信 産経新聞より

スタート早々からトラブルが続く後期高齢者医療(長寿医療)制度。新しい保険証の未送達が相次ぐため、厚生労働省は10日、古い保険証でも代用できる“窮余の策”を取ったものの、対象者となる高齢者への周知不足は否めない。「保険料はいくらか」「高齢者への差別だ」。制度を運営する都道府県の後期高齢者医療広域連合や自治体には、苦情や問い合わせの電話が殺到しており、15日に年金から保険料が天引きされる「4・15ショック」を控え、現場は戦々恐々だ。

 大阪府の広域連合では、対象者約74万人のうち1万4650人(8日現在)に新しい保険証が届いていないことが判明。窓口には「長寿医療制度ではなく『はよ死ね保険』に名称を変えろ」などの苦情がきたという。後期高齢者人口が1割を占める東京都台東区。4月に入ってから4000件以上の問い合わせが殺到し、職員は「当初は電話を置いた瞬間に鳴りだす状態だった」とこぼす。

 全国の病院窓口では、10日も古い保険証を持参して受診する高齢者の姿が目立った。

 ≪周知不足≫
続きを読む
posted by 宝島S at 11:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(環境と健康) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。