2008年03月23日

黒人演歌歌手・ジェロの好きな芸能人は釈由美子

現在人気沸騰中の黒人演歌歌手・ジェロ(26)の好きな芸能人は、タレントの釈由美子(29)だということを、釈が3月22日の日記で明かした。

 現場で色々な人からそのことについて言われ、友達からもメールが入ったことで知ったのだという。ジェロが釈のことを好きだということについては、「自分のどこがいいのかわからないが、素直にとても嬉しかった」と書かれている。

 また、ラブコールを送ったジェロについて釈は「あんなHIP HOP風の若い黒人の男の子が日本の心を歌い上げるなんて本当凄い」、「見た目からは想像がつかない謙虚で真面目そうな性格が人気の秘密なのでしょうね」とかなりの好感度があるようだ。


2008/3/23 13:27 アメーバニュースより
posted by 宝島S at 21:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

22度目の優勝 朝青龍の目に涙

支度部屋に戻り、インタビューを受ける朝青龍。史上4位の貴乃花に並ぶ22度目の栄冠。優勝の味を問われて「違います。いろんな意味で」とつぶやいた。その目は潤んでいた。  

 立ち合いは白鵬有利。朝青龍の腰が高い。組み止められて、左四つとなる。ただ、ここで白鵬が、はやった。まわしを取らぬまま前に出る。その焦りを豊富な優勝経験を持つ朝青龍は逃さなかった。右を抱えて小手投げを打つと、白鵬の体が舞った。土俵際、一瞬の判断だった。

 昨年来、土俵内外で厳しい立場に追い込まれた。昨秋、九州とサッカー騒動で2場所連続出場停止。休場明けの先場所は横綱相星決戦で白鵬に敗れた。「土俵で悔しさをうれしさに変えたかった」と言う。

 12、13日目に連敗。流れは傾きかけた。ただ、その振る舞いにはまだ余裕があった。前日には「楽しんでいきたい」と言い、この日の取組前も、硬い表情の白鵬に対し、ぐるりと大入りの場内を見回す。取組後には、土俵下に落ちた白鵬に手を差し伸べた。

 優勝24回の記録を持つ北の湖理事長は「記録は塗り替えられるもの、次は私の番かな」と言う。「復活か」と問われて「うん」と力強くうなずいた朝青龍。大関陣が振るわぬなか、行く手をさえぎるのは白鵬のみか。新たな歴史を刻み始めた。【野上哲】

3月23日20時30分配信 毎日新聞より
posted by 宝島S at 21:11| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茨城県土浦市のJR荒川沖駅前刺傷事件

「刃物を振り回し、大声でうなりながら襲い掛かってきた」。23日白昼、指名手配容疑者の男が通行人らを次々と刺した茨城県土浦市のJR荒川沖駅前の現場では、血を流した男女があちこちに倒れ、怒号が飛び交った。残された大量の血痕が、日曜に起きた突然の惨劇を生々しく物語っていた。
 
近くに住む塗装工宮崎留雄さん(60)は、駅へ向かう連絡通路を歩いていたところ、反対側から走ってきた無職金川真大容疑者(24)に、いきなり切り付けられた。金川容疑者は「うー」「あー」と怒鳴るようなうなり声を上げ、右手に持った包丁を振り回しながら突進。ぶつかるように右腕に1回切り掛かり、そのまま叫びながら走り去った。
 
金川容疑者はニット帽をかぶり、黒っぽい上着を着て、左手にも刃物を持っていたという。
 
同駅の宇佐美博助役(49)は「刺された」「救急車を呼んでくれ」という叫び声を聞いて飛び出したところ、改札前で血を流して倒れている男女5人の姿が目に飛び込んできた。金川容疑者が逃げた方向を追っていくと、通路上にさらに数人が横たわっており、通行人と一緒にタオルなどで手当てした。
 
近所の主婦(62)は、連絡通路上で首を切られて倒れていた若い男性に声を掛けた。返事はなく、ほとんど意識がない状態だったという。
 
駅前のスーパーは、警察の要請を受けて発生直後から営業を中止。日曜のため店内には多くの買い物客がいたが、全員が外に出され、付近は一時騒然とした。 

3月23日16時0分配信 時事通信より
posted by 宝島S at 21:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。