2008年03月22日

台湾総統選、国民党・馬英九氏が当選確実

【台北=吉田健一】「台湾独立」志向の与党・民進党から、対中融和を目指す最大野党・国民党への政権交代が実現するかどうかが焦点となった台湾総統選挙は22日、投開票が行われ、地元報道各社によると、同日午後6時(日本時間同7時)までに、国民党の馬英九・前主席(57)が、民進党の謝長廷・元行政院長(首相)(61)を破り、当選することが確実となった。


3月22日19時9分配信 読売新聞より
posted by 宝島S at 21:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロナウジーニョ移籍の可能性

3月22日20時59分配信 スポーツナビより

 トルコ1部リーグのフェネルバフチェがバルセロナのロナウジーニョ獲得に動く可能性が出てきた。22日付の『マルカ』紙が報じたもので、同紙によればフェネルバフチェは移籍金として5000万ユーロ(約77億円)を支払う用意があるという。ジーコ監督の下、チームをブラジル人選手で固め、今シーズン開幕前にはレアル・マドリーからロベルト・カルロスを獲得。この流れからして、高額な移籍金がネックにならなければ実現可能と言えるだろう。

 またバルセロナでは、20日に行われた国王杯の準決勝でバレンシアに敗れたことで、ライカールト監督への批判が強まっている。『ムンド・デポルティボ』紙のウェブサイトのアンケートでは、国王杯敗退の責任がライカールト監督にあるという意見が過半数を超えている。現在のバルセロナのチーム状態からして、リーガのタイトルはもちろん、チャンピオンズリーグ優勝も難しいと見られ、無冠に終わればシーズン終了後の監督交代は規定路線になりつつある。その場合、新たなチームやサイクル作りの一環として、ロナウジーニョ、デコといった主力選手が放出されることは確実だろう。

 ロナウジーニョは前節のアルメリア戦で、負傷のためにベンチ入りメンバーを外れたと言われていたが、その後チームのメディカルスタッフが負傷の事実を否定。クラブの公式ホームページ上で発表する以上、メディカルスタッフのみの判断で情報を掲載することはできず、当然ながらクラブ上層部やスポーツ・ディレクターのベギリスタイン氏のチェックが入っていると考えられる。これだけでも、ロナウジーニョ放出の流れは強まっていると言えるだろう。
続きを読む
posted by 宝島S at 21:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(スポーツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辻希美と杉浦太陽が21日新婚旅行先のパラオ共和国から帰国

昨年6月に元モーニング娘。の辻希美と結婚した俳優の杉浦太陽が21日(土)、新婚旅行先のパラオ共和国から帰国。杉浦は同日付けの自身のブログで「今後のことなど、いろいろ話もしてきました。連れて行けてよかったです」と幸せ一杯の心境を綴った。

 一部スポーツ紙の報道によると、16日にパラオに到着した2人は、首都であるコロールの高級ホテルに泊まり、スキューバダイビングなどを夫婦水入らずで楽しんだという。杉浦はブログで「新婚旅行から帰宅しました! この数日間の旅行,,,一生に一度の旅行。。。連れて行けてよかったです(原文ママ)」と夫婦水入らずの南国旅行を満喫したことを明かした。

 さらに杉浦は「今は、ただ一生懸命頑張るだけです。今回、これからの二人の進む道をそれなりに話し合ってきました」と、今後の行く末についても、じっくりと2人で話し合ったことを綴っていた。 

3月22日8時2分配信 オリコンより
posted by 宝島S at 21:23| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気象庁は22日東京で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表

 気象庁は22日、全国に先駆けて東京で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より6日早く、昨年より2日遅い。1953年に統計を取り始めてから、9番目の早さ。静岡と熊本でも開花した。

 千代田区の靖国神社内にある同庁の標本木は、21日まで3輪開いていたが、22日は晴天で朝から気温が上昇。同庁の職員が5〜6輪以上咲いているのを確認した。

例年だと約1週間で満開となるという。【河内敏康】


3月22日11時5分配信 毎日新聞より
posted by 宝島S at 18:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシー刺殺の米兵都内で身柄確保

神奈川県横須賀市汐入町の路上に止まったタクシーで運転手の高橋正昭さん(61)が19日夜に刺殺された事件で、在日米海軍は22日、事件に関与した疑いがあるとして行方を追っていた横須賀基地所属の米兵(22)の身柄を東京都内で確保した。

 これまでの調べで、車内からこの米兵名義のクレジットカードが見つかり、米海軍犯罪捜査局が事件翌日に米兵の自宅アパートを家宅捜索していたことが分かっている。

 米軍関係者によると、米兵は現場近くの同基地配備のイージス巡洋艦乗組員で、2ナイジェリア系の水兵。3月初旬から同基地に戻っておらず、所属するイージス艦出港の際も帰ってこなかったため、脱走兵として米海軍犯罪捜査局が行方を捜していた。

 県警横須賀署捜査本部は、タクシーの最後の乗客が支払いをめぐるトラブルで高橋さんを刺し、逃げた疑いが強いとみて捜査。車両システムなどを分析した結果、客は品川駅付近から乗車した可能性が高い。凶器の包丁は刃渡り20センチで比較的新しく、犯人が護身用か何らかの目的で所持していた可能性がある。

3月22日10時29分配信 産経新聞より
posted by 宝島S at 11:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。