2008年03月31日

政令5市がメタボ健診無料化

3月31日8時3分配信 産経新聞より

医療制度改革に伴ってメタボリック症候群を減らすことを目的として4月から40〜74歳を対象に始まる特定健診制度で、全国の17政令市のうち、仙台、さいたまなど5市が国民健康保険加入者の健診費用を無料にすることが30日、産経新聞の調べで分かった。受診しやすい環境づくりが狙いだが、新制度では受診率が基準に満たない場合、実施主体に対するペナルティーも検討されているため、基準クリアを目指す自治体側の苦肉の策ともいえそうだ。

 調査結果によると、無料化されるのは仙台、さいたまのほか、名古屋、大阪、北九州の計5市。無料化する5市は現在も40歳以上対象の現行の住民健診を原則無料としており、これに代わる特定健診を有料にすると、健診率が下がりかねないという事情もある。

 5市以外の政令市12市はすべて有料。500円(千葉、京都、福岡)から1500円(新潟、静岡、浜松)まで、自治体によって差がある。非課税世帯については、ほとんどの自治体が無料にするという。
続きを読む
posted by 宝島S at 09:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(環境と健康) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横須賀タクシー運転手殺害で米兵「やってしまった」と知人に

3月31日3時4分配信 読売新聞より

神奈川県横須賀市で、東京都品川区、タクシー運転手高橋正昭さん(当時61歳)が殺害された事件で、タクシー車内に落ちていたクレジットカード名義人で米軍横須賀基地所属の1等水兵(22)が事件直後、現場近くから知人に、「やってしまった」と事件への関与をうかがわせる電話をかけていたことが30日、横須賀署特捜本部の調べでわかった。

 米兵は米軍に脱走の罪で身柄拘束されており、特捜本部は近く米軍に対し、日米地位協定に基づく捜査協力を正式要請し、米兵から殺人事件の重要参考人として事情聴取する。

 捜査関係者によると、米兵はナイジェリア系米国人で、今月19日の事件直後、ナイジェリア人の知人に携帯電話をかけていたことが通話記録などから判明した。米兵は「やってしまった」という話のほか、「刺した」という趣旨の話もしていた。
続きを読む
posted by 宝島S at 09:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

X JAPAN世界進出7・5パリ公演決定!

28日に東京ドームで10年ぶりのライブを行った人気ロックバンド、X JAPANのYOSHIKIが29日、同会場で緊急会見し、7月5日にフランス・パリ公演を行うことを発表した。

 「本日、Xのパリ公演が決まりました。2万人が入るくらいの規模でやりたいと思っています」と報告。「10年間、ファンが応援し続けてくれたから、(X JAPANが)世界へも口コミで広がっていったと思います」と力を込めた。

 平成10年に亡くなったギタリストのhideさん(享年33)は復活公演と同様、パリでも映像で登場予定。「5人(メンバー全員)でやることが重要ですから」と笑顔を見せた。

 また、28日の初日公演が2時間20分遅れでスタートした件についても釈明し、ボーカル、TOSHIの「YOSHIKIが遅れた」との発言に「僕は遅刻していません」と否定。「これだけのセットを考えましたからね。機材トラブルが相次ぎました」と説明した。

 東京ドームの音楽興行は午後9時半の終演規制があるが、28日は午後10時40分に終了。さらにラスト8曲目でYOSIKIはステージ上で失神するハプニングもあった。「東京ドームには時間を守るように誓約書を書かされました(苦笑)。初日前日にスタッフと徹夜したら、気を失っちゃって」。29日は予定通り、午後6時から始まり、13曲を演奏、20分に及ぶドラムソロもやり遂げた。

3月30日8時2分配信 サンケイスポーツより
posted by 宝島S at 09:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福田首相がテレビ番組で大連立構想は小沢氏からの提案だった

福田首相は30日のNHK番組で、昨年秋に民主党の小沢代表との党首会談で協議した自民、民主両党による大連立の構想について、小沢氏からの提案だったと述べた。

 首相は、参院で与野党が逆転した「ねじれ国会」で政策遂行が難航していることに触れ、「小沢代表も、こういう事態はよく察知され、『連立を考えよう』という提案をされたと私は思う。小沢代表と同じ気持ちだ」と述べた。


3月30日20時58分配信 読売新聞より
posted by 宝島S at 06:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴマキ滞在中のロスで日本人から「後藤真希さんに似ている」

元モーニング娘。の後藤真希(22)が自身のブログを更新し、滞在中の米ロサンゼルスで日本人から「後藤真希さんに似ている」と言われたことを明かした。後藤は本人であることを明かさず「良く言われますー(ハート)」と返したといい、ブログに「ウケた。(まさかと思って)」と綴っている。

 また、ボイストレーニングの成果についても言及し、以前よりも声が大きく出せるようになったとか。活動再開に向け、着実に前進しているようだ。

 後藤は実弟の逮捕騒動を受けてハロー!プロジェクトも卒業、事実上の活動休止状態となっていたが、25日にブログを再開。米ロサンゼルスに約1カ月間の予定で滞在中であることを明かしている。


3月30日16時24分配信 産経新聞より
posted by 宝島S at 06:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

札幌市立中の女子制服がスカートからズボンへ

3月30日8時1分配信 スポーツ報知より

札幌市南区の市立南が丘中学校(全校生徒約400人)が、2008年度の新入生から、女子生徒の制服を通年、スカートではなくズボンにする。氷点下10度を下回る極寒の冬を健康に乗り切るための対策で、全国の中学、高校でも極めて珍しい。来年度の女子新入生からは「スカートがはきたかった」の声が上がる一方、学校に届くのは「よくやった」の好意的な反応が大半という。

 南が丘中学校の小野泰裕教頭によると、標準服と呼ばれるこれまでの制服は紺のブレザーに赤いネクタイ、グレーのチェックのスカートというもの。スカートの丈は「座ってひざが隠れる」長さを規定していたが、太ももまで短くし、見るからに寒そうなイマドキの女子もいるという。

 女子の冬の通学ファッションはナマ足にソックスのみか、スカートの中にウインドブレーカーのズボンを着用するいわゆる「はにわルック」派が大半。最近の女子は「タイツやストッキングをはきたがらない」傾向があるそうだ。

 しかし、ここは冬になると氷点下10度を下回る日が続くこともある極寒の地。「ナマ足派」の女子生徒が「寒さでひざを真っ赤にして通ってくるのが痛々しかった」(小野教頭)という。今年の学校創立25周年を機に制服のリニューアルを計画していた同校では、生徒の健康管理を重視。検討委員会で議論を重ねながら「ズボン化」に動き出していた。

 この4月からは、原則として女子の制服はグレーのブレザーとスラックスに。毛30%、ポリエステル70%で自宅で丸洗いが可能。「オプションとして」(小野教頭)だが夏季(5〜9月ごろ)はスカートも認められるという。
続きを読む
posted by 宝島S at 16:11| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武装警察部隊がチベット僧侶100人以上を連行

インドに拠点を置く非政府組織「チベット人権民主化センター」は28日、四川省アバ県で同日、武装警察部隊が「正式な司法手続きを経ずにチベット仏教寺院の僧侶100人以上を連行した」と発表した。

数百人が寺院を急襲し、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の肖像画や関連資料を捜索、持ち去ったという。(北京 野口東秀)


3月30日8時1分配信 産経新聞より
posted by 宝島S at 15:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コシヒカリ>先祖はまずいコメ

日本人に最も人気のあるコメ品種「コシヒカリ」の粘りの源が、昭和初期にまずいコメの代表格とされた「愛国」に由来することが、福井県農業試験場のDNA解析で分かった。粘りはおいしさを左右する必須の要素。育種関係者の間で、おいしさの祖先は「東の亀の尾、西の朝日」と信じられており、驚きが広がっている。29日、川崎市で開かれた日本育種学会で発表した。

 コシヒカリは1956年、試験場で開発された。作付面積は79年から29年間、連続日本一で、2〜10位もコシヒカリの子孫が占める。試験場は優れた食味の秘密を探るため、開発に利用された42品種を対象に、粘りや軟らかさのもととなる第2染色体上のDNAを解析した。

 その結果、コシヒカリ型のDNAを持っていたのは、コシヒカリの親の「農林1号」、祖父の「陸羽132号」、さらにその祖先の「愛国」と分かった。おいしさの祖先と信じられていた「亀の尾」(山形県)や「朝日」(岡山県)に、コシヒカリ型DNAはほとんど含まれていなかった。硬さなど他の要素は今後調べるという。

 解析した小林麻子研究員(育種学)は「コシヒカリがおいしいのは、においや硬さなどさまざまな要素のバランスが良いからだ。愛国も一役買っていたことを踏まえ、新品種の開発に役立てたい」と話す。

 大沢良・筑波大准教授(育種学)の話 常識を覆す結果だ。先入観を持たずに育種に取り組む重要性を感じる。【田中泰義】

3月30日2時33分配信 毎日新聞より
posted by 宝島S at 15:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土浦と岡山の無差別殺人犯

3月30日12時52分配信 産経新聞より

変装して奇声を上げながら8人を次々と刺した24歳。電車待ちの男性を後ろから突き落とした18歳。若者による無差別殺人が茨城、岡山両県で相次いだ。おとなしい性格、人付き合いが下手、大学進学をあきらめながら職探しが進まない…。2人の共通点はいくつも見られる一方で、まったく異なる面も。24歳の“異常さ”が、“普通”でちょっと不幸な18歳に乗り移ったかのようにも見える。「殺すのは誰でもよかった」。ともにこう供述した若者2人は、なぜ通り魔に変わったのか−。

 「ワーワー」
 両手に文化包丁(刃渡り約30センチ)とサバイバルナイフ(同33センチ)を持った男が奇声を発しながら、茨城県土浦市のJR常磐線荒川沖駅構内を西口から東口に全速力で走る姿が目撃されたのは、3月23日午前11時ごろだ。
 スーツにニット帽という異様な姿。男はその勢いのまま、改札口付近で5人を無差別に切りつけ、駅に隣接するスーパー「長崎屋」に通じる歩道橋で3人に襲いかかった。このうち首を刺された同県阿見町の会社員、山上高広さん(27)が出血性ショックで死亡。ほかの男女7人が重傷を負った。
 
買い物客らでにぎわう日曜日の駅周辺は、あっという間に惨状に変わった。
 
「私が犯人です。早く捕まえてください」
 
駅から約300メートル離れた交番から土浦署に連絡した男は、何の抵抗も見せず取り押さえられた。
 
男は土浦市の無職、金川真大(かながわ・まさひろ)容疑者(24)。金川容疑者は、無差別凶行の4日前の19日午前9時すぎ、近くに住む無職の三浦芳一さん(72)の首を自宅玄関前で刺して殺害していた。茨城県警は殺人容疑で指名手配しており、逮捕時の容疑は三浦さん殺害だった。
続きを読む
posted by 宝島S at 15:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

イラク政府軍のバスラ攻略失敗鮮明に

3月29日20時5分配信 産経新聞より

【カイロ=村上大介】イラクのマリキ政権が南部バスラで開始したイスラム教シーア派民兵に対する掃討作戦は29日、5日目に入り、イラク政府軍の威信をかけた「単独作戦」の失敗が鮮明となりつつある。米軍は29日も前日に続き、空爆、昨年12月にバスラの治安権限をイラク側に移譲した英軍も作戦・情報面で政府軍への支援を開始した。しかし、民兵側は依然、バスラ中心部を支配下に置き、戦闘は中南部シーア派地域に広がっている。治安能力の限界を露呈したマリキ政権が自力で争乱を収拾できる可能性は少ないとみられる。

 政府軍は25日、イラク第2の都市、バスラのかなりの部分を支配下に置くシーア派の反米強硬派指導者、ムクタダ・サドル師派の民兵組織マフディー軍の影響力排除を目的に掃討作戦に着手。だが、マフディー軍側は予想以上に強固な抵抗を見せ、マリキ首相は28日、「同日深夜まで」とした民兵側への武装解除の最後通告期限を4月8日まで延期せざるを得なかった。

 バスラ攻略戦への関与を控えていた米軍は28日、戦闘機による限定的な空爆で直接介入に踏み切り、民兵に押され気味の政府軍の支援を始めた。イラクのジャーシム国防相は28日の記者会見で、「抵抗の強さに驚いている」と認めた。
続きを読む
posted by 宝島S at 15:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。