2007年11月03日

紅葉の名所1位は「京都」

秋の楽しみといえば「食欲の秋」などのほかにも、目で楽しむ「紅葉の秋」がある。オリコンでは「行ってみたい紅葉の名所は?」というアンケートを実施。「総合」「男女別」「世代別」すべての項目において、古きよき伝統と文化が残る街【京都】が1位を獲得した。

 「日本の古い建物と紅葉のコントラストを見てみたいから」(岩手県/専門・大学生/男性)と、京都ならではの風景を楽しみたいという声や、「昨年秋、旅番組で素晴らしい風景を見たので」(北海道/30代/女性)など、テレビを通してそう感じた人も。また、「今年の春、京都で見た桜がとても綺麗だったので、今度は紅葉を見に行きたい」(静岡県/専門・大学生/女性)という意見もあり、まさに京都は「四季を1番感じられる場所」(東京都/中高校生/男性)として人気スポットとなっているようだ。
続きを読む
posted by 宝島S at 21:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木村拓哉スーツが似合う男性タレント1位に

秋も深まりそろそろ肌寒くなってくる季節。秋冬用のスーツを新調するなど衣替えを始めた方もいるのではないだろうか。しかし、新調するにしてもどんなスーツが自分に合うのか迷ってしまうところだ。そこでオリコンが「スーツが似合う男性タレント」に関するアンケート調査を行なったところ、映画『HERO』のスーツ姿も印象深い【木村拓哉】が1位に選ばれた。

第1位【木村拓哉】の回答を見ると、「何を着ても似合いそう」(福井県/20代/男性)、「さりげないオシャレが似合いそう」(兵庫県/30代/男性)、「小物にもこだわっていそう」(東京都/30代/女性)と支持を集め、着こなしなどオールマイティーに高い評価を得て、男性からの支持が多かった。

女性に人気が高かったのは第2位の【佐藤浩市】。「車のCMを見て、いつも惚れ惚れしているから」(東京都/40代/女性)とCMでのスーツ姿の印象が強く、「スーツが似合いそうな体型だし、年齢的にも一番格好良く着こなせる世代な気がする」(福岡県/30代/女性)、「身長が高くて、肩幅もあり、年を重ねた感じが素敵」(島根県/40代/女性)と30〜40代女性を中心に熱狂的な支持を集めた。

続きを読む
posted by 宝島S at 21:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲゲゲの鬼太郎像復活

盗難や破損の被害に遭った東京都調布市・天神通り商店会の「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクター像2体が再建され、3日にお披露目された。市民や市内の大学、小中学校のほか、全国のファンからも寄付金が届き、商店会は「多くの人の支援で復活することができた」と喜んだ。

今年4月、商店街北の石こう製の鬼太郎像が何者かに盗まれ、子泣き爺(じじい)の像も頭を割られ大破した。商店会は寄付金を募り鬼太郎像を再建。子泣き爺像は新キャラクターの「ぬりかべ」にリニューアルした。

この日の復活イベントで同商店会の土田衛会長(39)は「二度と悲しい出来事が起きないよう、地域で見守っていきたい」。商店街のそばに事務所がある原作者の水木しげるさんは「妖怪が栄えるのはうれしい。商店街が繁盛すればなおうれしい」とメッセージを寄せた。

毎日新聞より 11月3日19時44分配信

<ゲゲゲの鬼太郎>盗難・破損被害の像2体再建 東京・調布
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071103-00000052-mai-soci
posted by 宝島S at 21:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

久間元防衛相と山田洋行の癒着が明らかに

防衛省の守屋武昌前事務次官(63)をゴルフ接待していた防衛専門商社「山田洋行」が、年間約200万円の裏金を工面し、その一部を「車代」などとして政治家に支払っていたことが分かった。関係者によると、自民党の久間章生元防衛相らには05年に十数万円の「車代」を渡していたという。東京地検特捜部もこうした事実を把握しており、山田洋行の政官界に対する利益提供の実態解明を進めている。

関係者の話では、久間氏は05年末、山田洋行のオーナー一族の結婚式に出席した際に、十数万円の「車代」を受け取ったという。同社では、子会社が購入した商品券を引き取って換金するなどの方法で、年間200万円程度の裏金を作っており、久間氏への現金もこの中から支出されたという。

久間氏は、同社のオーナー一族と親しい関係にあり、守屋氏への接待を繰り返していた宮崎元伸元専務(69)とも約10年前から知り合いだったという。久間氏を巡っては、昨年秋以降に宮崎元専務らと一緒に会食し、代金を一切支払わない接待を受けていたことが判明している。

宮崎元専務らは特捜部の任意聴取に対して、山田洋行の裏金の実態について供述しているとされ、特捜部は裏金の使途について解明を進めているとみられる。

以上毎日新聞より 11月1日2時36分配信

<山田洋行>久間元防衛相に「車代」 05年に十数万円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000018-mai-soci


posted by 宝島S at 13:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 他ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年内の利上げはない情勢

日銀は31日、日本経済の中期的な見通しを示す「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」を公表した。07年度の実質成長率の予測を1.8%に下方修正したが、08年度は2.1%と変更しなかった。米サブプライムローン問題を端緒とする世界経済の減速リスクを認めつつも、国内経済は「緩やかな景気拡大が続く」とのシナリオを堅持し、利上げを探る根拠とした。だが、サブプライム問題で米景気失速懸念が広がる中、市場では「年内利上げは困難」との観測が一段と強まっている。

日銀の福井俊彦総裁は同日の会見で「目先は金融市場の不安定化や海外経済の不確実性で、景気の下ぶれリスクが高まっている」と説明。そのうえで「そうした中でも、日本経済は生産・所得・支出の好循環が維持され、景気拡大を続ける可能性が高い」と強調した。

しかし、前回の展望リポートを公表した4月末以降、国内外の経済情勢は大きく変化し、日銀の成長シナリオは揺らいでいる。米住宅市場の悪化は予測していたが、米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅利下げに追い込まれるほど米景気失速の懸念が深刻化するとは見ていなかった。

サブプライム問題で欧米の大手金融機関に多額の損失が出たり、証券化市場がまひしたのも想定外だった。米住宅市況の悪化は深まる様相で、個人消費が冷え込めば、日本経済のけん引役の家電メーカーなどの輸出に打撃を与え、成長シナリオは土台から揺らぐ。

一方、物価面でもシナリオに誤算が生じている。今回の展望リポートは消費者物価指数(生鮮食品除く)上昇率を07年度0.0%、08年度は0.4%と予測。「景気拡大に伴い物価も緩やかに上昇する」との4月の評価を踏襲したが、日用品やガソリン、食品の相次ぐ値上げは必ずしも需要拡大による「良い物価上昇」ではない。

原油や、原材料価格の高騰にメーカーが耐え切れず、値上げする「悪い物価上昇」の色彩が強い。中小企業の業績悪化で賃金は伸びない中、値上げの広がりは弱い消費を一層圧迫しかねない。

「景気下ぶれリスクを過剰に考慮すると金融政策を誤る」「低金利が長く続くとの期待が定着すると、経済・物価の振幅が大きくなる」。福井総裁は超低金利是正の意義を改めて強調したが、利上げ願望とは裏腹に政策運営は厳しさを増している。

以上毎日新聞より 11月1日10時1分配信

日銀リポート 07年度成長率を下方修正 利上げ姿勢堅持
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000012-maip-bus_all

posted by 宝島S at 13:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早くも今日から年賀はがきの発売開始

日本郵政グループの郵便事業会社は1日、来年用の年賀はがきを全国の郵便局で発売した。電子メールの普及などで年賀状の利用は年々減っているが、民営化初めてとなる今回は「年賀状は贈り物」をスローガンにして、KDDIのau携帯電話から年賀状の印刷・配達の申し込みができるようにするなどサービスを強化した。ディズニーキャラクターなどの多様な年賀はがきも用意し、発行枚数を前年比約3%増の39億1650万枚と、4年ぶりに増やした。

東京都千代田区の東京中央郵便局では、民営化初の年賀はがきをいち早く手に入れようと、発売前から100人が列を作った。昨夜午後8時40分から並んで一番乗りを果たした東京都東大和市、無職、菊池智芳さん(67)は「早く来て、験を担ぎたかった」と話した。

東京中央局の発売記念式典では、郵便事業会社の北村憲雄会長が「年賀状のすばらしさを一人でも多くの人に伝えたい」とあいさつ。来年のえとの子(ねずみ)年生まれの女優、涼風真世さんも「年賀状は1年で最初のプレゼントです」と呼びかけた。

<年賀はがき>発売開始 民営化初で4年ぶり枚数増やす
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000033-mai-bus_all
posted by 宝島S at 13:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(経済) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離婚して何もかもいやになったのでは

28日に覚せい剤取締法違反で逮捕された元「光GENJI」の赤坂晃容疑者(34)が、今年3月末に離婚していたことが31日、分かった。この日、警視庁大塚署で接見した弁護人が明かした。

 赤坂容疑者は01年11月に東京・堀越高校の2年先輩の女性と結婚。5歳の長男がいるが、3月28日に協議離婚していた。長男の親権は女性が持っているという。同容疑者は「4月ごろから使っていた」と容疑を認めており、離婚の直後にクスリに手を染めていたことになる。

また、「光GENJI」で同僚だった佐藤アツヒロ(34)はこの日、ジャニーズ事務所の携帯サイトに心境を告白。30日の報道で“事実”を知ったといい「もう頭が真っ白」と困惑気味。

「グループで一番仲が良かった」と互いに励まし相談し合う間柄で、7〜9月に少年隊の舞台「PLAYZONE」で共演した際も一緒の楽屋で赤坂容疑者から悩みを聞いていたという。

長男の運動会に参加したことも楽しそうに話していたといい「何で気がついてやれなかったんだろう…俺に分からないとこで、苦しんでいたなんて…本当にごめん」。

12月に2人で行う予定だったディナーショーも中止。デビュー20周年で「一緒に何かの形でありがとうってやりたかった。でも、今は…お前のことが心配でたまらない」とつづっている。

以上スポーツ報知より 11月1日8時2分配信

赤坂晃容疑者3月末に離婚していた…直後から覚醒剤使用か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000079-sph-ent
posted by 宝島S at 13:26| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(芸能) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。