2007年03月23日

地球が緊急事態

7年前に、もしゴア氏がブッシュに勝っていたら(実際は勝っていたと思うのですが)正確にはゴア氏が大統領になっていたらと思うのは私だけでしょうか?

おそらくこの7年間の世界史は大きく変わっていたと思います。現代の戦争ほど地球環境を破壊するものはないと思います。しかも自衛の為の核拡散はいずれ悲劇的なことになるのではないかと危惧を覚えます。

核を処理する為に地中に埋めたり、海に捨てたり、目に見えなくなっただけで核そのものが無くなった訳ではありません。地球の体内に蓄積していく核はいずれ体に何らかの異常を来たすはずです。人間も地球も基本は同じように思います。

ですからゴア氏の言うようにまず出来る事からやる以外にないと思います。裕著に戦争をやっている場合ではないと思います。

火宅の中で火を消す事を優先にせず争い事を優先にした結果、勝者も敗者も仲良く火宅の下敷きになって滅亡。このような愚かな結末にならない為にも、、、。


<ゴア氏>米上下両院公聴会で「地球は緊急事態」と警告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070322-00000035-mai-int

映画「不都合な真実」
http://www.st.rim.or.jp/~success/goa_ye.html
posted by 宝島S at 00:13| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース(環境と健康) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。